2007年12月30日

悪魔の血 血の悪夢

Castlevaniaシリーズ1、最後に登場となるのは
今回の目玉と言っても過言じゃない「シモン」です。
とは言え、色々と問題点も…。

castle1_sim01.jpg

PLAYER SELECT
CASTLEVANIA SERIES1
SIMON
(NECA/2007)



simon_ex01.jpg simon_ex02.jpg

simon_ex03.jpg simon_ex04.jpg

ゲームシリーズの年表においてシモンが登場するのは
ドラキュラ討伐を描いたシリーズ第1作目「Castlevania(悪魔城ドラキュラ)」と
その続編であるドラキュラの遺骸探索を描いた
「Castlevania II:Simon's Quest(ドラキュラII 呪いの封印)」
のみであるが、1作目のドラキュラ討伐のエピソードは
数多くの機種でアレンジされ登場している。
見た目はファミコン版と似ているがアイテムの購入や鍵の発見など
探索要素を含んだ内容にアレンジされているMSX版「VAMPIRE KILLER 」、
シモンの結婚相手セレナがさらわれたり、
最終的にシモンが鞭が剣にパワーアップしたりとシリーズ内でも
独得な雰囲気を持ったアーケード版「HAUNTED CASTLE」、
スーパーファミコンの新機能を活用し、新たに構成されたステージや
自由自在に鞭を操ることが可能だったりと、もはやアレンジではなく
新作と言っても過言ではない「Super Castlevania IV」、
(以上3タイトルとも日本での商品名は「悪魔城ドラキュラ」)
グラフィック、音楽、難易度など、未だにシリーズ最高傑作と名高い
X68000版「悪魔城ドラキュラ」など色々な形でシモンの活躍が
描かれた。
同じエピソードでありながら様々なスタイルを見せるシモンは
今なお、ベルモンド家を、そしてシリーズを代表する
キャラクターなのである。

なお、シモンの名字「ベルモンド」であるが、
日本においてはシリーズ開始当初は「ベルモント」と表記されていたが
「悪魔城伝説」以降は「ベルモンド」で統一されている。
しかし、海外では初期の名前が現在も残っており、「Belmont」と表記される。

フィギュアの紹介を読む

ストーリーを読む
posted by JOSH | Comment(0) | TrackBack(0) | GAME CHARACTER

2007年12月29日

なぜ夜の一族の血の匂いが…まさか…

今回は「Castlevania:Symphony of the Night(悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲)」
(以降「SOTN」と表記)に登場したボスキャラのひとり、サキュバスを紹介します。
今回のシリーズ1では紅一点になりますが、数多くいるキャラクターや
モンスターの中から何故彼女がチョイスされたかは謎です。

castle1_suc01.jpg

PLAYER SELECT
CASTLEVANIA SERIES1
SUCCUBUS
(NECA/2007)


サキュバスがキャッスルヴァニアシリーズに登場するのは
このSOTNが初めてであり、以降は探索型のシリーズでは
定番の敵キャラとなっています。
SOTN以降では「Castlevania:Lament of Innocence
(キャッスルヴァニア)」においても別のサキュバスが
ボスキャラとして登場しています。

succubus_ex_a.jpg succubus_ex02.jpg

発売当時、サキュバスは他のメインキャラ同様、
小島文美によってバストアップのイラストが描き起こされましたが、
ゲームキャラクターのイラストレーションを担当するのが
初めてだった小島氏はこのサキュバスを「胸丸出し」で描いてしまい、
ゲーム中ではそのままでは使用できなかったというエピソードがあります。
(画像左。クリックすると修正なしのものが表示されるので注意してください。)
フィギュアの方も、今夏のサンディエゴコミコンで展示されたものは
胸は「テープ」で隠されていました。(画像右)

フィギュアの紹介を読む

ストーリーを読む
posted by JOSH | Comment(0) | TrackBack(0) | GAME CHARACTER

2007年12月28日

あるべき所に帰れ…これ以上母を苦しめるな!

今回は「Castlevania:Symphony of the Night」の主人公にして
ドラキュラの息子であるアルカードを紹介します。

castle1_alu01.jpg

PLAYER SELECT
CASTLEVANIA SERIES1
ALUCARD
(NECA/2007)



SOTN_ex.jpg alucard_ex02.jpg

「Castlevania:Symphony of the Night(以下SOTN)」は
日本では「悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲」というタイトルで
プレイステーション用ソフトとして1997年に発売されました。
SOTNは「主人公は鞭使い」「ステージクリア型の横スクロール
アクション」といったこれまでのシリーズのお約束だった部分を
大きく変更した異色作として登場。
主人公は剣や様々な武器を用いて戦う「アルカード」となり、
ゲームシステムもアイテム収拾やキャラクターの成長など
RPG的要素を取り入れ、悪魔城内を行き来しながら、
ゲームを進めていくいわゆる「探索型」と呼ばれるものになりました。
もともとはシリーズの外伝として製作された1本でしたが、発売後、
キャラクターデザインを担当した小島文美が描き出す世界観と相まって
その遊びやすさ、とっつきやすさから新たなファンの獲得に成功、ゲームは世界的にヒットしました。
現在ではこの「探索型」がシリーズの主流となっており、SOTN以降にも
何本かの「探索型」キャッスルヴァニアが発売されましたが、
それでもなおSOTNの人気は根強く、発売から10年経った今年、
X-BOX LIVE ARCADで配信が開始、PSP用ソフトとして発売された
「Castlevania :The Dracula X Chronicles(悪魔城ドラキュラXクロニクル)」
にも収録されました。


alucard_ex03.jpg

アルカードは最初は「Castlevania III:Dracurla's Curse
(悪魔城伝説)」に登場し、ベルモンド達とともに
ドラキュラを打ち倒した同志のひとりだった。
「Alucard」という名前は「Dracula」のアナグラムであり、
ドラキュラが偽名として使っていたと言われている。
SOTNにおいてリニューアルされたキャラクターデザインでは
かつてのイメージを一新、彼の人気は一気に上がり、
シリーズに欠かせないキャラクターの一人となった。
SOTNで再登場した以降もいくつかのシリーズに登場している。

フィギュアの紹介を読む

ストーリーを読む
posted by JOSH | Comment(0) | TrackBack(0) | GAME CHARACTER

2007年12月27日

誰かと思えば…久しいな、我が息子よ!

アメリカで最初の「Castlevania」が発売されたのが1987年。
20周年の今年、なんとか滑り込みで
アクションフィギュアシリーズがNACAから発売されました。
「Castlevania」を始め、数多くの作品で主人公をつとめる
シモン・ベルモンドと丁度発売10周年になる
「Castlevania:Symphony of the Night」(以下SOTN)からの3人が
シリーズ1としてラインナップされています。


dracura_ex01.jpg

「Castlevania」とはコナミから発売されているアクションゲームシリーズ
「悪魔城ドラキュラ」の海外でのタイトルです。
日本では1986年に第1作目が発売されました。
「Castlevania」シリーズは先読みとタイミングを要求される「鞭アクション」、
画面から溢れる「ゴシックホラー」の雰囲気、手応えのある「難易度」、
印象に残る「名曲の数々」など、独自の世界観を構築する事で、
根強いファンを生み出し、シリーズ開始から20年以上経った現在も
新作が制作・発売され続けています。
また、旧作のダウンロード販売やリメイクなども続々登場しています。
このシリーズは特に海外での人気が高く、ここ最近発売されている新作についても
海外市場を強く意識したゲームづくりがされています。
そんな中で初のアクションフィギュアシリーズが海外のメーカーから
発売されるのは極自然な事と言えます。

今回はまず「ドラキュラ」から紹介します。

castle1_dra01.jpg

PLAYER SELECT
CASTLEVANIA SERIES1
DRACULA
(NECA/2007)


日本名のタイトルからもわかる通り、
シリーズの一部のタイトルを除いて
ほとんどの作品で悪魔城の最終ステージにおいて
主人公を待ち受けているボスキャラクターです。
ベースになっているのはもちろん
ブラム・ストーカーの小説に登場する
吸血鬼「ドラキュラ」ですが、シリーズが進むにつれ、
ゲーム独自の設定が加わっていってます。


dracura_ex02.jpg

ゲームごとでキャラクターイラストの描き手が変わるので、
ドラキュラのイメージも毎回変わるのですが、
今回のSOTNではキャラクターデザインを
イラストレーターの小島文美氏が担当しており、
フィギュアもそのデザインをベースに立体化されています。

フィギュアの紹介を読む

ストーリーを読む
posted by JOSH | Comment(0) | TrackBack(0) | GAME CHARACTER