2007年10月17日

横恋慕だろうがそんなの関係ない

さて、MLファンタスティックフォーシリーズ
最後の2体の紹介です。

ml_iw_nm01.gif

ファンタスティックフォーの紅一点、インヴィジブルウーマンと
「THE SUB-MARIBER」ことアトランティスの王子ネイモアです。

ネイモアはもともとキャプテンアメリカや
初代のヒューマントーチとともに第二次世界大戦時に
活躍したヒーローです。
終戦と共にヒーローコミックの人気も下火になると
姿を消してしまいすが、
その後、ヒーローコミックの人気が再燃すると
ネイモアもキャプテンアメリカ同様
マーヴルユニバースに再登場します。

記憶を失って地上を彷徨っていたネイモアを
発見したのが2代目ヒューマントーチだったり、
スーザンに惚れて、リードとスーを取り合ったりと
ファンタスティックフォーとの因縁も深いキャラです。


続きを読む
posted by JOSH | Comment(0) | TrackBack(0) | FANTASTIC FOUR

2007年10月16日

結成!ダイナミックデュオ!?

映画「ファンタスティックフォー:銀河の危機」の中で
シングが自分とヒューマントーチのコンビ名の案として
「ダイナミック・デュオ」という名前を挙げるシーンがありました。

ml_tt_ht01.gif

「ダイナミック・デュオ」とはアメコミでは
バットマンとロビンのコンビをさす名前として有名。
また、1作目「〜超能力ユニット」の時にも
シングはリード達のコスチュームを見て
「万能ベルトが必要だね」と呟きます。
「万能ベルト=ユーティリティベルト」も
バットマンの装備として有名なもの。

映画版のシングはバットマンズ好きなのかもしれません。


続きを読む
posted by JOSH | Comment(0) | TrackBack(0) | FANTASTIC FOUR

2007年10月15日

銀河の危機

今回も引き続き、MLファンタスティックフォーから
宇宙からやってきたこの二人です。

ml_ss_ra01.gif

サーファーもロナンも共にFFの敵として登場したキャラクターです。
二人は地球でキャップとアイアンマンが喧嘩している間、
他の仲間と共にアニヒラスによって引き起こされた
銀河壊滅の危機に立ち向かっていました。

続きを読む
posted by JOSH | Comment(0) | TrackBack(0) | FANTASTIC FOUR

2007年10月14日

長き宿命

前回に引き続き、MLのファンタスティックフォーシリーズ、
今回からは2体づつ紹介。

ml_mf_ff00.gif

本日は宿命のふたり、
「Mr.ファンタスティック」と「Dr.ドゥーム」の紹介です。

続きを読む
posted by JOSH | Comment(0) | TrackBack(0) | FANTASTIC FOUR

2007年10月13日

怪物島の地底王国

ml_mole01.jpg

今回は先日発売になった
MLファンタスティックフォーから
ファンタスティックフォーが最初に戦ったヴィラン、
「モールマン」を紹介します。

続きを読む
posted by JOSH | Comment(2) | TrackBack(0) | FANTASTIC FOUR

2007年07月08日

FF:RotSS:ファンタスティカー

今回は遂に劇場版でも登場する事となった
ファンタスティックフォーの専用ビークル
「ファンタスティカー」を紹介します。


f_car01.jpg

FANTASTIC FOUR:RISE OF THE SILVER SURFER
FANTASTICAR
(HASBRO/2007)



f_car_29.jpg

コミックで最初のファンタスティカーが登場したのは
1962年の「FANTASTIC FOUR#3」で
「フライング・バスタブ(空飛ぶ浴槽)」とも呼ばれていました。
「マーヴル・レジェンド」シリーズのMr.ファンタスティックにも
ファンタスティカーの一部が付属していました。
これ以降何度となくその姿を変えて、
(一説には担当アーティストがメカを描くのが得意かどうかで
そのフォルムが変わったとも…)
ファンタスティックフォーをサポートしてきました。


f_car02.jpg

そして映画版においては今年公開の「〜銀河の危機」において
初登場となります。
上のイメージがが今回のファンタスティカーです。
この写真だと光の当り具合で金色に見えますが
実際にはシルバーになっています。

続きを読む
posted by JOSH | Comment(0) | TrackBack(0) | FANTASTIC FOUR

2007年06月11日

FF:RotSS:フレーム・オン!

さて、今回はFFメンバー4人目
ヒューマントーチの紹介です。

ff2_ht27.jpg

シング同様、ヒューマントーチも
今回ノシリーズで2種類ラインナップされています。

続きを読む
posted by JOSH | Comment(1) | TrackBack(0) | FANTASTIC FOUR

2007年06月09日

FF:RotSS:戦いのお時間だぜ!

今回は新作映画版FFからチーム内の
パワーファイター、シングの紹介。
前作の時もヒューマントーチと共に
多くのフィギュアが発売されました。

ff2_thing01.jpg

今回も2種類のシングがラインナップされています。

続きを読む
posted by JOSH | Comment(2) | TrackBack(0) | FANTASTIC FOUR

2007年06月05日

FF:RotSF:リチャーズ夫妻

今回からは主人公ファンタスティックフォーの
4人のフィギュアを紹介していきます。

まず最初はリード&スーの
リチャーズ夫妻を合わせて紹介です。

ff2_mf_iw01.jpg


続きを読む
posted by JOSH | Comment(0) | TrackBack(0) | FANTASTIC FOUR

2007年06月04日

FF:RotSS:ライトニングアタック Dr.ドゥーム

今回は「FANTASTIC FOUR:RISE OF THE SILVER SURFER」シリーズから
FFの永遠の宿敵「Dr.ドゥーム」を紹介です。

ff2_doom01.jpg

FANTASTIC FOUR:RISE OF THE SILVER SURFER
LIGHTNING ATTACK DR.DOOM
(HASBRO/2007)


前作「ファンタスティックフォー:超能力ユニット」で
メインのヴィランであったDr.ドゥームは
もちろん新作である「ファンタスティックフォー:銀河の危機」でも
登場します。
今回はデザインを一新してよりコミックでのイメージに近い姿で
登場するという話ですが、現時点で公開されている予告編では
その後ろ姿しか確認する事が出来ず、
Dr.ドゥームの新たなる姿はまだ闇に包まれています。

続きを読む
posted by JOSH | Comment(0) | TrackBack(0) | FANTASTIC FOUR

2007年06月03日

FF:RotSS:シルバーサーファー

今月15日から全米で公開される(日本では9月公開予定)
映画「FANTASTIC FOUR:RISE OF THE SILVER SUFER」関連の
アクションフィギュアシリーズがいよいよ発売されました。

今回はその中でも一番注目キャラである
「シルバーサーファー」を紹介します。

ff2_ss01.jpg

FANTASTIC FOUR:RISE OF THE SILVER SUFER
SILVER SUFER
(HASBRO/2007)


2005年に公開された前作「fANTASTIC FOUR」では
TOYBIZからアクションフィギュアが発売され、
そのシリーズ1が想像以上にヒットした事から
マーヴルの映画版フィギュアとしては最多の
シリーズ5まで発売されました。

しかし日本ではシリーズ1のインヴィジブルウーマン以外売れずに
ショップにとっては苦い思い出を残すアイテムとなってしまいました。

続きを読む
posted by JOSH | Comment(2) | TrackBack(1) | FANTASTIC FOUR

2006年09月01日

FANTASTIC FOUR SERIES2:カーン

さて、紹介してきたファンタスティック・フォーシリーズ2も
今回がラストです。

今回はファンタスティック・フォーやアベンジャーズのヴィランとしては
外す事は出来ない強敵「征服者カーン」の登場です。

ff2_kang01.jpg ff2_kang02.jpg

FANTASTIC FOUR SERIES2
KANG
(TOYBIZ/2006)


カーンは100世紀以上未来の世界の技術力と時間移動の力で
何度となくアベンジャーズやファンタスティック・フォーを苦しめてきた
宿敵のひとりである。
また幾つもの次元に何人もの同様なカーンが存在し、
アース616の侵略を狙っている。

KANG THE CONQUEROR/征服者カーン
「Nathaniel Richards(ナサニエル・リチャーズ)」は
別の次元、30世紀のアース6311という未来の世界で生まれた。
世界はかつて核戦争により荒廃していたが
20世紀からやってきた「ナサニエル・リチャーズ」(リード・リチャーズの
父親であり、30世紀のナサニエルの名前は彼から取って付けられた。)に
よって平和がもたらされていた。
若きナサニエルは虐めにより喉を傷つけられ、長い入院生活を送る。
退院後、彼は「アース616」の先祖たちの戦いの歴史を学ぶ。
そして、平和で活気のないこの世界に退屈しながら成長する事となる。

25歳のとき、彼は偶然祖先が作ったであろう「要塞」と
「タイムマシン」を発見する。
ナサニエルはスフィンクスの形をした巨大な船を作り上げ、
アース616の紀元前2950年のエジプトにその姿を現す。
しかし船の衝突により、ナサニエルはその視力を失ってしまう。
ナサニエルは現地の人間に放射能を持つハーブを集めさせ、自らの視力を回復、
そして未来の科学を駆使してファラオ「ラマ=トゥト」として君臨する。
王となったナサニエルは予言により、
この世の最強の力を持つ事になる少年の存在を知り、
その少年を自らの後継者にしようと、部下の将軍オジマンディアスに命じて
連れてこさせようとする。
しかし、追い詰められた少年「En Sabah Nur(エン・サバー・ヌール)」は
ミュータント能力に目覚める。
少年はこの後、世界にとって脅威と呼ぶべき存在へと成長し、
「適者生存」を唱え数千年にわたって人類と対立していく事となる。

現代において放射能を利用して視力を回復させた言い伝えを刻んだ
古代エジプトの石版を発見した「ファンタスティック・フォー」は
盲目の彫刻家アリシア・マスターズの
目の治療の手がかりになるのではないかと
Dr.ドゥームのタイムマシーンを使い、
ラマ=トゥトの支配する古代エジプトへとやってくる。
ラマ=トゥトの催眠光線によりリード、ジョニー、ベンの3人は奴隷に、
スーは妃へとされてしまう。
しかし、月の神コンシュに依頼され、ラマ=トゥトを
エジプトから追い出す為にこの時代に来ていた魔術師
「Dr.ストレンジ」の力によりベンの洗脳は解かれる。
ベンは残りのメンバーを助け出し、他の奴隷たちを反乱を起こす。
そして元の時代に戻る為の方法を探してこの時代にやってきた
「アベンジャーズ・ウエストコースト」をも巻き込み、
ついにはラマ=トゥトは未来へと撤退することとなる。
30世紀の世界に戻る途中、ナサニエルは
ファンタスティック・フォーに破れ宇宙を漂っていたDr.ドゥームと出会い、
その命を救う。ドゥームの装備からヒントを得たナサニエルは
自らも鎧と仮面を身に付け、「Kang(カーン)」を名乗り始める。


続きを読む
posted by JOSH | Comment(0) | TrackBack(0) | FANTASTIC FOUR

2006年08月31日

FANTASTIC FOUR SERIES2:トランスフォーミング ジョニー・ストーム

本日は変身前の姿で登場のヒューマントーチこと
ジョニー・ストームの紹介。

ff2_js01.jpg ff2_js02.jpg

FANTASTIC FOUR SERIES2
TRANSFORMING JOHNNY STORM
(TOYBIZ/2006)


ジョニーは「FLAME ON!(フレームオン!)」というかけ声と共に
全身炎に包み、ヒューマントーチに変身する。
(その炎が彼自身の体を傷つける事はない。)

ヒューマントーチは温度、形、その効果まで含め、
炎を自在に操ることが出来る。
また炎に対しては絶対的な耐性を持っている。
そして炎を吸収する事も出来、そのエネルギーを利用して
100万度に達する「スーパーノヴァ」を発生させる事が可能。
その熱を利用して音速に近い速度で空中を飛ぶ事が可能。
ただ、これらの能力を発揮するには空気が必要である。


HUMAN TORCH/ヒューマントーチ
Jonathan Lowell Spencer Storm(ジョナサン・ロウウェル・スペンサー・ストーム)は
医師フランクリンとその妻マリーの第2子として生まれ、
姉スーザンと共にニューヨーク・グレンヴィルで育つ。
ジョニーは車と女の子に興味を持つごく普通の少年として育ち、
放課後には地元の車工場に入り浸る日々が続く。
彼が9歳の時、母親マリーは交通事故によりその命を落としてしまう。
そして、妻を救えなかったショックで父親のフランクリンは
酒とギャンブルに溺れるようになり、
ついには借金取りとのいざこざの中で殺人を犯してしまい、
刑務所へと送られてしまう。
それでもなお、ジョニーの車に対しての興味は失われる事なく、
その技術を磨いていった。

高校生になったジョニーはカルフォルニアに姉スーザンと
その婚約者リード・リチャーズを訪ねていく。
そこでジョニーはスーザンと共に、
リードの未許可のロケット飛行実験に無理やり参加する事となる。
パイロットを務めるリードの親友ベン・グリムを加えた4人は
ロケット発射施設に侵入し、ロケットを打ち上げる事に成功する。
しかし、宇宙においてロケットは突然激しい「宇宙線」の放射にさらされる。
「宇宙線」に対しての防護が完璧でなかった試験用のロケットは
そのまま地球に不時着する。
4人とも命は無事だったが宇宙線を浴びた影響で
その体には著しい変化が現れていた。
ゴムのようにどこまでも伸びる体になったリード、
自由に体を透明化できるようになったスーザン、
体皮が岩のようになり怪物のような姿になったベン。
そしてジョニーは全身を炎で包み、その力で空を飛べるようになっていた。
ジョニーは第二次世界大戦時に活躍したアンドロイドにならって
「Human Torch(ヒューマントーチ)」を名乗る事にし、
4人は「Fantastic Four(ファンタスティック・フォー)」として
その力を世の中の為に役立てる事を誓う。



続きを読む
posted by JOSH | Comment(0) | TrackBack(0) | FANTASTIC FOUR

2006年08月30日

FANTASTIC FOUR SERIES2:ツイステンスラム シング

本日はファンタスティック・フォーの一番人気で
このシリーズでも2度目の登場となる「シング」の紹介です。

ff2_thi01.jpg ff2_thi02.jpg

FANTASTIC FOUR SERIES2
TWIST N' SLAM THING
(TOYBIZ/2006)


ファンタスティック・フォーのパワーファイター、シングは
戦闘時に「It's Clobberin' Time!(ぶっとばす時間だぜ!)」という
決まり台詞を叫ぶ。

THING/シング
Benjamin Jacob Grimm(ベンジャミン・ジェイコブ・グリム)は
マンハッタンのイーストエンドにある貧しいヤンキーストリートで育つ。
飲んだくれてばかりの父の仕事は長続きせず、
グリム家の生計はストリートギャングである兄ダニエルの
収入に支えられていた。
ベンはダニエルの事を心から尊敬していたが、
ベンが8歳の時、ダニエルはギャング同士の抗争で命を落としてしまう。
ベンはストリートギャングに加わり、一団のリーダーへと成り上がった。
しかし、彼の両親が殺され、
ベンは新しい保護者、叔父のジェイクとその妻アリスの家に引き取られる。
厳しくも愛情あふれる叔父夫婦のおかげで、ベンは更生することが出来、
高校では一流のフットボールプレイヤーとして活躍した。

フットボールでの活躍が認められベンは奨学金を受ける事ができ、
エンパイアステート大学に進学する事となる。
そこで彼は宇宙船の設計を夢見て勉強する「リード・リチャーズ」と
ルームメイトとなる。
性格的には正反対ではあったが二人はすぐに親友となり、
ベンは冗談まじりにもし宇宙船を作り上げたら、
自分が操縦してやるとリードに約束する。

大学を卒業した後、ベンはパイロットになる夢をかなえる為に
アメリカ空軍に入隊し、テストパイロットを務める。
しばらく、テストパイロットとして活動したのち、
彼は宇宙飛行士養成プログラムへと転向する。
国によってリードの研究への援助が打ち切られようとしていた時、
リードは無許可で試作ロケットの実験を行う事を計画し、
その操縦をベンに依頼してきた。
初めはその依頼を断わったベンだが、リ ードの婚約者で
かつてベンも心魅かれた事もあったスー・ストームにけしかけられ、
しぶしぶリードの頼みを引き受けえる。
ベン、リード、スー、そしてスーの弟ジョニーを乗せた宇宙船の
打ち上げ自体は成功した。
しかしその宇宙船は宇宙線の照射に対しての防護が不完全であり、
強烈な宇宙線にさらされた宇宙船は地球へと押し戻される。
幸いにも4人とも無事ではあったが彼らの体には奇妙な変化が起こっていた。
リードは身体の伸縮能力、スーは身体の透明化、
ジョニーは全身を発火させる能力を手に入れていた。
そしてベンは強力な怪力を身に付けたが4人の中で彼にだけ外見的な変化が現れ、
ベンの体はオレンジ色の分厚い岩のように変化していた。
4人は自分たちの能力を社会への貢献に活かそうと
「Fantastic Four(ファンタスティック・フォー)」を結成する。
ベンはチームの中でその岩のような体から「物体」を意味する
「The Thing(シング)」というコードネームを利用する。


続きを読む
posted by JOSH | Comment(2) | TrackBack(0) | FANTASTIC FOUR

2006年08月29日

FANTASTIC FOUR SERIES2:インヴィジブルウーマン

本日紹介するのはファンタスティックフォーの母親役
「インヴィジブルウーマン」です。
もはや彼女の為にこのシリーズをセットで購入したと言っても過言ではありません。

ff2_iw01.jpg ff2_iw02.jpg

FANTASTIC FOUR SERIES2
INVISIBLE WOMAN
(TOYBIZ/2006)


ノーマル版以外にももちろんクリア版のバリアントも存在します。
でも全部透明だとなんか味気ない感じがするんですよねぇ…。


INVISIBLE WOMAN/インヴィジブルウーマン
Susan Storm(スーザン・ストーム)と
その弟ジョニーは比較的幸せな子供時代を送っていた。
母親を交通事故で失うまでは。
優秀な外科医だった父フランクリンは妻を救えなかったショックから
酒とギャンブルに溺れるようになり、金貸しとのいざこざの末、
殺人を犯し、刑務所へと送られてしまう。
その後、姉弟は叔母のマリーゲイに引き取られる。
そして12歳だったスーザンは
叔母の家に下宿していた大学生リード・リチャーズと初めて出会う。

そして高校卒業後、カルフォルニアの大学に進学したスーは
航空宇宙工学の研究をしていたリードと再会を果たし、恋人同士となり、
婚約する。
すべてがうまくいっていたが、政府によりリードの研究への援助が
打ち切られた時、リードは嫌がる旧友でパイロットのベン・グリムを誘い、
未許可でスペースクラフトの打ち上げ実験を強行しようとする。
スーと彼女の弟ジョニーは危険を分かち合おうと、
むりやりその実験のチームに加わり、リードらとともに宇宙船に乗り込む。
打ち上げ自体は成功したが、宇宙空間において彼らの船は
激しい宇宙線の照射にさらされる。
宇宙船は地球へと押し戻されるが幸い全員無事だった。
しかし宇宙線は彼らの体に大きな変化を及ぼしていた。
リードは体をゴムのように伸ばせるように、
ベンは体が岩のような怪物に、
ジョニーは体に炎をまとえるように、
そしてスーは体を透明化できるようになっていた。
そして彼らは自分たちの超人的なの能力を世の中の為に活かそうと
「Fantastic Four(ファンタスティック・フォー)」として活動開始する。
「Invisible Girl(インビジブルガール)」を名乗るようになったスーは
初めは「姿を消す」だけの能動的な能力しか使いこなせなかったが、
自らの力を学び、様々な状況で活用できる透明な「フォースフィールド」を
発現できるようになる。


続きを読む
posted by JOSH | Comment(0) | TrackBack(0) | FANTASTIC FOUR

2006年08月28日

FANTASTIC FOUR SERIES2:ドラゴンマン

本日からはTOYBIZから昨年の映画版のヒットを受けて発売された
コミック版ファンタスティックフォーのシリーズ第2弾を紹介します。
まずは「ドラゴンマン」から!
1995年に5インチ版で発売されて以来の登場です。

ff2_dm01.jpg ff2_dm02.jpg

FANTASTIC FOUR SERIES2
DRAGON MAN
(TOYBIZ/2006)


DRAGON MAN/ドラゴンマン
エンパイアステート大学で教壇に立っていた
Gregson Gilbert(グレッグソン・ギルバート)教授は
自らの作ったアンドロイドに命を与える方法を探していた。
そしてその研究はかつてファンタスティックフォーに
敗れた錬金術師Diablo(ディアブロ)の出現で大きな転機を迎える。
ディアブロのポーションと外宇宙からの巨大な岩を用いる事で
ギルバートの作ったアンドロイド「Dragon man(ドラゴンマン)」は
生命を宿した。

ディアブロはすぐにドラゴンマンを使い、
ファンタスティックフォーに対しての復讐を開始する。
巨大な力、飛行能力、火炎を吐き出す能力を使い、
シング、ヒューマントーチを苦しめるドラゴンマン。
しかしインヴィジブルガールはドラゴンマンに悪意がない事を見抜き、
ドラゴンマンを落ち着かせる事に成功する。
しかし、それを見ていたディアブロはすぐさま、
ファンタスティックフォーを攻撃し、
ギルバートとドラゴンマンは「死人の湖」へと逃げ出した。
「死人の湖」のすぐそばでファンタスティックフォーと
ディアボロは対峙する。
ディアブロが再び氷の丸薬で攻撃をしようとした時、
ディアブロにドラゴンマンが襲いかかり、
強烈な尾の一撃がディアブロの手から丸薬を叩き落す。
転げ落ちた丸薬は湖を凍りつかせる。
凍った湖の上でドラゴンマンはディアブロを追い続け、
ついには湖に転落してその姿を消してしまう。

その後、ギルバートはドラゴンマンが引き起こした被害を償うために
湖を監視し続けた。
しかし、ヒューマントーチと
インヒューマンの「メデューサ」の戦いの影響で
ドラゴンマンは再び目覚めてしまう。
ドラゴンマンはメデューサをインビジブルガールだと勘違いし、
彼女を守るためにファンタスティックフォーや
メデューサを連れ戻しにきた「ゴーゴン」と戦う。
そしてドラゴンマンは本物のインビジブルガールに説得され、
なんとか落ち着くのであった。
その後、ドラゴンマンをインヒューマンであると勘違いした
「シーカー」によって連れ去られるが、
それが間違いだとわかると打ち捨てられる。
目を覚ましたドラゴンマンは再び暴れ始めるが
シングとヒューマントーチにより倒される。


続きを読む
posted by JOSH | Comment(0) | TrackBack(0) | FANTASTIC FOUR
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。