2006年08月22日

MARVEL LEGENDS:セントリー

さて、ジャイアントマンシリーズのラストを飾るのは
黄金の守護者「セントリー」です。

このセントリーはバリエーションが
すべてで4種類(頭部がノーマルと鬚+長髪の2種、
ボディのカラーが黄色と黄土色の2色でそれぞれで組み合わせがあります。)
あるのですが
今回入手したのはノーマル頭部×黄色ボディのものです。

ml_st01.jpg

MARVEL LEGENDS(GIANT MAN SERIES)
SENTRY
(TOYBIZ/2006)


ジャイアントマンの「左腕」が付属しています。

セントリーは謎の血清により超人的な力を得る。
太陽の光を吸収する事により、超人的な腕力、耐久力、スタミナ、
スピード、感覚、飛行能力を発揮する。
またエナジーフィールドを放出し、光を操ることも可能。
彼の能力は限界知らずであり、この世界最強のヒーローのひとりである。

SENTRY/セントリー
高校生Robert Reinolds(ロバート・レイノルズ)は
「プロフェッサー」と名乗る男の作った謎の血清により「超人」となり、
コスチュームを身にまとい、「セントリー」として活躍を始めた。
セントリーはファンタスティックフォー、スパイダーマン、ハルクなどの
名だたるヒーロー達と親交を持ち、共に多くのヴィラン達と戦った。
そしてXメンの強力で遂には宿敵「ジェネラル」をも撃ち破った。

この時期、彼はリンジーと結婚し、
「スカウト」という若きパートナーも出来た。
しかし、「ヴォイド」の登場により、状況は一変する。
相棒のスカウトはヴォイドにより瀕死の重傷を負わされ、
さらにはセントリーの親友であるハルクを操り、
マンハッタンに住む100万人以上の人々がその攻撃の犠牲となった。
ヴォイドの正体がセントリー自身のパワーの暗黒面だと分かり、
セントリーはミスターファンタスティックとドクターストレンジに頼み、
全世界の人々の記憶から自分に関する記憶を消去するシステムを
作ってもらう。
セントリーとしての活動を停止し、人々から忘れられることで
ヴォイドも消え去った。

数年後、消したはずのロバートの記憶が徐々に甦りはじめる。
ヴォイドが甦り、ヨーロッパで活躍するヒーローを次々に殺していたのが
その原因だった。
ロバートは元の仲間であるヒーローーたちにその事を警告しに行くが
、誰もロバートを覚えていない。ただひとり、ハルクを除いて。
そして遂にヴォイドがマンハッタンに戻ってきた時、
ヒーロー達も記憶を徐々に取り戻し、ロバートと街を守る為に
集結してきた。
自らの力について思い出したロバートとミスターファンタスティックは
「ウォッチタワー」を起動、ヴォイドを消し、
世界中の人々の記憶からセントリーの存在を再び消去するのであった。


続きを読む
posted by JOSH | Comment(2) | TrackBack(0) | THE AVENGERS

2006年08月21日

MARVEL LEGENDS:アントマン

本日はアントマンの紹介です。
ラインナップを見た時には
ジャイアントマンとアントマンがどちらもラインナップで
このシリーズはピム博士が主役か!と思っていましたが
購入してみたら、こちらはピム博士でなく
スコット・ラング版のアントマンでした。

マーヴルレジェンドシリーズシリーズ7の
ホークアイの矢の先端にくっついていたアントマンが
実はラング版アントマンのシリーズ初登場になります。

ml_ant01.jpg

MARVEL LEGENDS(GIANT MAN SERIES)
ANT MAN
(TOYBIZ/2006)


アントマンはピム粒子のガスを使う事で体を
蟻と同じサイズまで縮める事ができる。
そしてサイバーヘルメットを使う事で
蟻を自由にコントロールをする事ができる。


ANT MAN II/アントマンII
Scott Edward Lang(スコット・エドワード・ラング)は
電子技術者であったが、その仕事では家計を支えていく事が出来なくなり、
遂には強盗事件を起こし、逮捕されてしまう。

スコットは懲役5年の実刑判決を受け刑務所に入るが、
服役態度が非常に良かった為に3年で釈放される。
そして服役中も自らの電子技術の研究を続けていた為、
スターク・インターナショナル社の企画室への就職も決まっていた。
娘のキャシーも久々の父親との再開に喜ぶ。
しかし順調に社会復帰できるかと思っていた矢先に
キャシーは治療の難しい難病に陥ってしまう。
入院費だけがかさみ、生活が苦しくなってきたスコットは
再び犯罪へ走ろうと考える。
そんな時、スコットはキャシーを救う事ができる、
新しい手術方法を考えた医者がいる事を知る。
その医者の名はエリカ・サンデイム。
スコットはすぐにドクターサンデイムに会いに出かけるが、
彼女はクロス・テクノロジー社の者に
連れていかれてしまい、彼の頼みを聞く事が出来なかった。

全ての道を失ったスコットは再びある家に盗みに入る。
そこで彼が見つけたものはアントマンのコスチュームと
身体を伸縮させる特殊なガスだった。
彼が盗みに入った家こそヘンリー・ピム博士の家だったのである。
この装備があればクロス・テクノロジー社に忍び込み、
ドクターサンデイムを連れ戻す事が出来ると考えたスコットは
アントマンのコスチュームとガスを盗み、自らの身体を小さくして
クロス・テクノロジー社に侵入する。
そしてドクターサンデイムを無事救い出し、キャシーも一命を取り留める。


続きを読む
posted by JOSH | Comment(2) | TrackBack(0) | THE AVENGERS

2006年08月20日

MARVEL LEGENDS:ジャイアントマン

さて今回はシリーズ名にもなっているジャイアントマンの登場です。
ジャイアントマンはヘンリー・ピム博士が巨大化した姿ですが、
それ以外にも色々とコスチュームや名前を持っていて、
マーヴルレジェンドシリーズでも「ゴライアス(アントマンも付属)」や
「イエロージャケット(ワンダーマンに付属)」などで
何度か登場しています。

ml_giant09.jpg

MARVEL LEGENDS(GIANT MAN SERIES)
GIANT MAN
(TOYBIZ/2006)

シリーズの10体に付属するボーナスパーツを組み立てる事で
完成するビルドアップフィギュアです。

ヘンリー・ピムは自らが発見した「ピム粒子」のガスを使い、
最大100フィートの大きさから蟻と同じサイズまでその身体を
伸縮することが出来る。巨大化した時はそのサイズに見合う
強力な腕力を振るって戦う。

ml_giant02.jpg ml_giant03.jpg ml_giant17.jpg

このフィギュア自体がおまけみたいなものなので
当然コミックは付属しません。
かわりにピム博士の初登場のコミックを紹介しておきます。
ヘンリー・ピムとしての初登場は1962年1月の
「Tales To Astonish」27号(画像左)。
この頃はまだヒーローコミックでなく、
「蟻の巣に落ちた男」というタイトルのサスペンスものでした。
ヒーロー「アントマン」として登場したのは同年9月の
「Tales To Astonish」35号(画像中央)。
そしてジャイアントマンとして登場したのが
1963年11月発売の「Tales To Astonish」49号(画像右)。

GIANT MAN/ジャイアントマン
HENRY PYM(ヘンリー・ピム)は化学、生物学の分野や
人工知能の発明家としても優秀な科学者であった。
かつて、ヘンリーはハンガリー人のマリア・トロヴァヤと結婚していた。
しかしマリアはハンガリーの秘密警察に殺害されてしまった。
その直後、物体を縮めることができる「ピム粒子」を発見したヘンリーは
実験の末、自らの身体を昆虫サイズまで縮め、
再び元のサイズに戻すことができることが可能になった。
そして、蟻のについての研究を深めて、
昆虫との意思の疎通とコントロールが可能となる
特殊なサイバーヘルメットを開発、
抗放射線ガスを盗もうとしたKGBのエージェントを撃退することで
「ANT MAN(アントマン)」としての活動を開始した。

ある日、ヴァーノン・ヴァン・デイン博士がヘンリーに
宇宙人とのコンタクトの研究の協力を要請してきた。
その研究への協力は断りながらも、
ヘンリーは博士の娘、ジャネットに強く魅かれていった。
その後ヴァーノン博士は凶悪な宇宙人によって殺されてしまい、
ジャネットはその敵討ちの協力をヘンリーに頼んできた。
ハンクは彼自身がアントマンとして活躍していることを
ジャネットに明かし、彼女にも「ピム粒子」を与え、
その肩に羽を移植した。
こうしてジャネットはヘンリーとともに
ヒーローの一人「ワスプ」として活動していく。
特別な関係を築き上げた二人はその後、「アベンジャーズ」に加わる。
そしてヘンリーは「ピム粒子」の亜種を開発、
自分自身の身体を巨大化させることに成功し、
巨大化したときには「GIANT MAN(ジャイアントマン)」
(後のGOLIATH(ゴライアス))と
名乗ることとなる。


続きを読む
posted by JOSH | Comment(2) | TrackBack(0) | THE AVENGERS

2006年08月19日

MARVEL LEGENDS:ソー

ジャイアントマンシリーズから本日紹介するのは
アベンジャーズ初代メンバーのひとり、「ソー」です。
日本では「トール」として知られている北欧神話に登場する
雷神です。

「ソー」自体はマーヴルレジェンドシリーズ3(2003年12月発売)で
一度登場しているのですが、今回再びラインナップされました。
コスチュームバリエーションでもなく、同じキャラがリニューアルされて
再登場するのは今回のソーが初めてです。

ml_thor2_01.jpg

MARVEL LEGENDS(GIANT MAN SERIES)
THOR
(TOYBIZ/2006)

ジャイアントマンの「右手」が付属しています。

ソーは魔力を封じ込められたハンマー「MJOLNIR(ムジョルニア)」を
振るう事で強力な力を発する。
このハンマーは魔力を持つ金属「ウル」で造られている為、
別名「URU HAMMER(ウル・ハンマー)」とも呼ばれる。
ハンマーには以下の6つの魔法がかけれれている。
1.相応しい力を持つ者しか持ち上げられない。
2.地面を2度撃つ事で嵐を呼ぶ。
3.投げても自動に戻ってくる。
4.次元の門を開き、次元移動を可能とする。
5.人間の姿に変身する。
6.飛行能力

ソーの義理の弟で欺瞞の神「ロキ」の策略で
戦闘に不向きな短い柄になってしまったが
それでもマーヴルユニバースでも最強の武器のひとつである事には
変わりはない。

THOR/ソー
ニューヨークで暮す、足に障害を抱える優秀な医師
Donald Blake(ドナルド・ブレイク)は
前々から興味をもっていた北欧神話の舞台、ノルウェイに
休暇で訪れていた。
そこでドナルドは宇宙から飛来した岩の巨人に襲われる。
近くにあった洞窟に逃げ込んだドナルドだが入り口を
大岩で塞がれてしまう。
なんとか脱出しようとするドナルドは洞窟で見つけた杖を岩に打ちつけた。
その瞬間、ドナルドは魔法のハンマー「ムジョルニア」を携えた
雷神「Thor(ソー)」へと変わるのであった。
巨人を打ち倒したソーは「ムジョルニア」を地面に打ちつけると
再びドナルドの姿へと戻った。

神々の国アスガルドの全能神オーディンは
アスガルドとミッドガルド(地球)の両方の血を持つ子を望み、
ミッドガルドの女神ガイアと契りを交わす。
そしてガイアは(後にドナルドが始めて変身する事となる)
ノルウェイの洞窟においてソーを産み落とす。
産まれたソーはオーディンの正妻フリッガにより
アスガルドに連れてこられる。
幼きソーは義理の弟で巨人族の息子であるロキと共に育てられる。
ソーの素晴らしい力と人望を持ち、ロキは常にそれを妬んでいた。
ソーが8回目の誕生日を迎えた時、それを祝う為オーディンは
強力な魔力を込めたハンマー「ムジョルニア」をつくり出します。
そしてソーがいずれ一人前の戦士と認められた時に
与えられるということになる。
8年にわたる自己鍛練の後、ソーはムジョルニアを与えられ、
アスガルドの最も偉大な戦士と認められた。

ミッドガルドや他の8つの世界において多くの闘いと冒険をくり返し、
崇拝されたソーの心の中にはしだいに傲慢さが生まれる。
それを戒める為、オーディンはソーを足の不自由な只の人間に転生させて
ミッドガルドへと送り込んだ。
それ人物こそが医者ドナルド・ブレイクだったのである。

ノルウェイから戻ったドナルドはソーの力を使い、平和を守ることとなる。
そんな中、ソーの復活を知った義理の弟にして欺瞞と偽りの神であるロキは
凶暴なハルクを操り、ソーと戦わせようとする。
アイアンマン、アントマンやワスプ等と共にロキを撃退したソーは
その時のメンバーと「アベンジャーズ」と呼ばれるチームを結成する。

はじめはソーとしての記憶がなかったドナルドだが、
時間と共に過去の記憶が甦り、遂にはオーディンが現れ、
今までの事情を全て明かすのであった。




続きを読む
posted by JOSH | Comment(0) | TrackBack(1) | THE AVENGERS

2006年08月18日

MARVEL LEGENDS:ウォーバード

さて、今回のジャイアントマンシリーズのラインナップは
X-MEN系のキャラクターとアベンジャーズ系のキャラクターから
セレクトされていますが、その中で唯一、両方のチームに参加した事が
あるのが本日紹介する「ウォーバード」です。
「ミス・マーヴル」の名前の方が良く知られていると思います。

ml_wb01.jpg

MARVEL LEGENDS(GIANT MAN SERIES)
WARBIRD
(TOYBIZ/2006)

ジャイアントマンの「腰」が付属しています。

ミス・マーヴルはコズミックパワーの源であった
ホワイトホールからのリンクが切れ、
「バイナリー」であった時ほどの力は失ったものの、
現在でも超人的なパワー、耐久力、スピードを誇り、
フォトンエネルギーの放出および吸収、飛行能力も持っている。


WARBIRD/ウォーバード
Carol Susan Jane Danvers(キャロル・スーザン・ジェーン・ダンヴァース)は
アメリカ空軍に入隊し、その後、中央情報局のエージェントとなる。
彼女はNASAの長官と会うために向かったケープカナデルで
クリー人のヒーロー、キャプテンマーベルと出会う。
キャプテンマーブルと彼の敵であるヨン.ログとの戦いに巻き込まれた
キャロルは、クリー人の秘密基地において「サイケ.マグニトロン」という
装置の光線をあびてしまう。それにより彼女の遺伝子構造は大きな変化を
起こし、巨大な力、飛行能力、第7感と呼ばれる予知能力を
手に入れることとなった。
その後キャロルは、J.ジョナ.ジェイムソンの下、
「ウーマン」という雑誌の編集者として働きつつ、
スーパーヒーローの一人「ミス・マーヴル」としてスコーピオンや
ミスティークなどの名だたるヴィランと戦っていく。

そしてキャロルはスカーレットウィッチの脱退に伴い、
アベンジャーズに誘われ、
その仲間に加わるが、キャロルを好意を持った辺獄の住人
「マーカス」の策略により、すぐにアベンジャーズを抜けることとなり、
催眠状態のキャロルはマーカスとともに辺獄へと行ってしまう。
しかし、マーカスの策略は失敗し、催眠が解けたキャロルは
次元移動装置を使い、地球へと戻ってくる。


続きを読む
posted by JOSH | Comment(0) | TrackBack(0) | THE AVENGERS
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。