2008年05月14日

聖甲虫を祀りし暗殺者

SPAWN SERIES33「AGE OF PHARAOHS」から
本日はオシリスを裏切ったセトの忠実な僕、
「スカラベアサシン」を紹介します。

33_scarab01.jpg

SPAWN SERIES33 AGE OF PHARAOHS
SCARAB ASSASSIN
(MACFARLANE TOYS/2008)


「彼らの存在が意味することはエジプト全土に知れ渡っていた。
王に仕える「聖甲虫の暗殺者」が夜の闇と共に姿を現せば、
そこに残るのは、呪われし者の叫び、
そしてその後に続く、他の有限なる魂が
この生なる世界を離れ、来世へと導かれるのと同様の、
生から死への旅路を意味する不気味な静寂である。」


記録に残らないエジプト人の墓に隠されていた
地下墓地から出土した古代文字の文章を翻訳したもの


フィギュアの紹介を読む

SCARAB ASSASSIN/スカラベアサシン

悪名高き「聖甲虫の暗殺者」の教団は凶暴なるファラオ「セト」の選ばれた護衛である。

聖甲虫の暗殺者達は創造の神「ケプリ」の沸騰した血から鋳造され、
一振りで人間を真っ二つにし、その命を奪う事が出来ると言われる
伝説の剣「スカラベの刃」を用いた様々な殺法を修得しており、
その恐ろしさは国中が知っていた。

聖甲虫の暗殺者の階級には多くの分類があり、その種類は
仮面を被り、黙々と、だが残忍にセトの意思を遂行する名も無き歩兵から
常に王の傍らに控え、王を危機から守る為ならばその命をも惜しまない
王直属の高位の護衛官まで様々である。



聖甲虫「スカラベ」について

33_scarab02.jpg
「ケプリ神」

「スカラベ」とはいわゆる「フンコロガシ」のことですが、
古代エジプト人はフンコロガシが転がす糞を
太陽であると見立て、フンコロガシを太陽の運行を司る
聖なる虫として崇めました。

スカラベの頭部を持つ神「ケプリ神」は
太陽神のひとりで、太陽神「ラー」の
別形態のひとつともいわれています。
東から上り、西に沈む太陽の運行のサイクルは
太陽神ラーが船に乗り、天空と冥界を航海しているものと
考えられており、ラーは朝はケプリ神、
正午にラー、夕方にはアトゥムの姿になり、
日没後はアウフとして冥界を旅し、
翌日は再び甦り、ケプリ神として空を航海するという
永遠のサイクルをくり返しています。





33_scarab03.jpg 33_scarab04.jpg

スカラベアサシンは一応、上腕等に回転軸はありますが
鎧等の装備品が鑑賞してあまり大きくは動かしづらく
ほぼ固定ポーズだと思ってもらったほうが良いかと…


33_scarab05.jpg 33_scarab06.jpg

33_scarab07.jpg 33_scarab08.jpg

頭部の巨大な蛇をデザインされた冠は
脱着する事が可能です。


33_scarab09.jpg 33_scarab10.jpg

33_scarab11.jpg 33_scarab12.jpg

左右の手には人間を一刀両断できる
「スカラベの刃」と呼ばれる巨大な刀を
装備出来ます。デザインは2本とも
別な物になっています。


33_scarab13.jpg 33_scarab14.jpg 33_scarab15.jpg

33_scarab16.jpg 33_scarab17.jpg 33_scarab18.jpg 

33_scarab19.jpg 33_scarab20.jpg 33_scarab21.jpg

今回のフィギュアはそのデザインから
王の護衛にあたるロイヤルガードではなく
おそらく実際に暗殺等を行う実行部隊にあたる者だと思われます。
全身に刃を帯びた装備は細かく造型されてますが
スカラベの彫刻はベルトのバックルと冠の後頭部といった
目立たない部分にしかされていません。
そこからも彼等が正体を隠し、隠密行動をとっていた
存在ではないかと伺えます。
…隠密行動するにはちと派手な格好ですが。

けれどそこはかと醸し出している「ニンジャ」臭さが
いかにも「USトイ」といった感じです。

足下のベースにはうじゃうじゃとスカラベの大軍が…
個人的にこういうのは生理的に苦手です。


33_scarab22.jpg

執拗にイシス率いる反乱軍を追い詰めるスカラベの狂信者たち。
だが彼等はまだ、もうひとつの巨大な力を持つ者が
この地に舞い戻った事を知らなかった…。


以上、今回は宿敵セトに組みする「スカラベアサシン」の
紹介でした。

posted by JOSH | Comment(0) | TrackBack(0) | McFARLANE TOYS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。