2008年02月09日

衆愚の街に降る雪

あちこちで雪の降る今年の冬。
もしかしたら、この人の仕業かもしれません。
そんなこの季節にぴったりなヴィランを今回は紹介。

DCSH3_FRZ01.jpg

DC SUPER HEROES SERIES3
MR.FREEZE
(MATTEL/2006)


1959年に「MR.ZERO(ミスター・ゼロ)」として登場して以来、
しばらくはマイナーなヴィランのひとりだった。
そして1960年代のTVシリーズに登場した際に
「MR.FREEZE(ミスター・フリーズ)」という現在の名前に変わり、
1992年にスタートした「BATMAN THE ANIMATED SERIES」において
始めてそのオリジンが作られた。
そのオリジンは非常に好評でコミックの方にもフィードバックされ、
さらには1997年に公開された映画「BATMAN & ROBIN」で
メインヴィランに抜擢され、そこでも同様のオリジンが採用されている。
以降、バットマンを代表するヴィランのひとりとして
新しいアニメシリーズにも度々登場している。

フィギュアの紹介を読む

MR.FREEZE/ミスター・フリーズ

VICTOR FRIES(ヴィクター・フリーズ)は幼少時、
大好きな動物を永遠に保存出来ると思い込み、
動物を凍り漬けにする行為をくり返していた。
両親はその行為を気味悪がり、ヴィクターを
全寮制の高校へと入れるが、結局低温科学の道へと進んでいく。
常に孤独だったヴィクターは学生時代に最愛の恋人
NORA(ノーラ)と出会う。
そして二人は結ばれる事となり、ヴィクターは教師の職を得る。
しかし、そんな生活も長くは続かなかった。
ノーラが難病に犯されている事が発覚したのだ。
彼女の病気の進行を食い止める為にヴィクターは
ゴッスコープという企業で冷凍保存の研究に打ち込む事となる。
そして会社の施設を使い、ノーラを病気の治療法が見つかるまで
冷凍保存しようするが社の経営者フェリス・ボイルはコストの面から
実験を停止させようとノーラの入った冷凍チェンバーの電源を抜いてしまう。
だがその所為で爆発が起き、巻き込まれたヴィクターは
実験中の「クーラント液」の中に落ちてしまう。
そして、ヴィクターの生体機能は変化し、
超低温の中でしか生きられない体へとなってしまった。
ヴィクターは体を超低温に保つ為のアーマーを身に纏い、
全てのものを凍らせるコールドガンを手に、
怪人「Mr.Freeze(ミスター・フリーズ)」として
ゴッスコープの役員に対する復讐を開始する。
その凶行を食い止めようとバットマンがフリーズの前に立ち塞がる。
バットマンはフリーズにノーラの治療の為にどんな手助けもすると
提案するが、怒りに狂ったフリーズの耳には届かない。
バットマンを狙ってフリーズはコールドガンを放つが
バットマンに避けられてしまい、その光線は
ノーラの眠るチェンバーを打ち抜いてしまう。
その瞬間、ヴィクターの人間としての心も
ノーラの体と共に砕け散ってしまった。
こうしてバットマンと敵対する新たな
ヴィランが誕生したのである。






DCSH3_FRZ02.jpg DCSH3_FRZ03.jpg

今回のフリーズは「DCスーパーヒーローズ」の前身となった
「BATMAN」シリーズで発売されたものと同じ原型を
使用しています。


mrfrz01.jpg mrfrz02.jpg

ちなみに旧シリーズではヴィランが
あまり発売されていなかったのですが、
フリーズはそんな数少ないヴィランである上、
ゴーグルをしていないヴァリアントも存在しました。


DCSH3_FRZ04.jpg DCSH3_FRZ05.jpg

今回のフリーズは旧シリーズのものと比べると
まずペイントが細かくなっており、体付着している霜などにも
きちんと色が塗られています。
そして、可動部分が増やされています。
旧シリーズ版の可動箇所が13箇所だったのに対し、
新作は21箇所可動となっています。


DCSH3_FRZ06.jpg DCSH3_FRZ07.jpg

そんな可動が増えた事に伴う組み立て行程増加の弊害なのか
今回のフリーズは脛の部分が前作とは
前後逆になっています。


DCSH3_FRZ08.jpg

後ろから見ると膝パーツと脛パーツ、足首が
直線に並んでいないのが分かると思います。


DCSH3_FRZ09.jpg DCSH3_FRZ10.jpg

なんらかの意図があったのかとも考えましたが、
その後でフリーズの下半身を流用して
シリーズ4で発売された「LEX LUTHER」では
前の通りとなっているので、やはり組み立てミスなのかも
しれません。


DCSH3_FRZ11.jpg 

個人的にすごく気になっていたので
思いきって修復する事としました。
足首部分をドライヤーで思いきり熱して、
マイナスドライバーを使い、くるぶしのピンを外しました。


DCSH3_FRZ12.jpg

脛の部分を反転させ、
足首をつなぎ直せば完成です。
この修復の結果、足首部分の関節は前よりも固くなり、
立ちが安定しました。

ただ、くるぶしのピンは内部で接着されていたり、
取り外す際にフィギュアに傷をつけたり、破損する可能性が
十二分にあるので「どうしても気になる!」という方以外には
お薦めはしません。


DCSH3_FRZ13.jpg DCSH3_FRZ14.jpg

付属しているのは当然「コールドガン」と
「クーラント液タンク」です。
ガンはタンクとコードで接続してあります。
旧作ではタンクの中に水を入れ、
実際にコールドガンから発射できるギミックがありましたが
今回はオミットされています。


DCSH3_FRZ15.jpg DCSH3_FRZ16.jpg

このフィギュアを持っている人の中には
腕やタンクに意味ありげな穴が空いているのが
気になった人もいるかもしれません。
これからは旧作からの名残りです。
旧作ではタンクのコードを
腕の穴に接続することが出来、
タンクにも別のパーツが取り付けられていました。


DCSH3_FRZ17.jpg

このシリーズ3からコミックではなく
紙製のジオラマベースが付属するように
なりました。
後期のシリーズではキャラクターそれぞれで
ジオラマのデザインが異なっていましたが
この頃はシリーズ共通のデザインでした。


DCSH3_FRZ18.jpg DCSH3_FRZ19.jpg

DCSH3_FRZ20.jpg DCSH3_FRZ21.jpg

関節が増えた事もあり、ポージングの自由度は
旧作よりも大きくアップしています。
コールドガンの両手持ちひとつとっても
表情が付けられるようになっています。

なお、頭部の透明フードは
取り外し出来ませんが、
腰を捻ると連動して首が動くギミックは
旧作同様に内蔵しています。


DCSH3_FRZ22.jpg

DCスーパーヒーローシリーズでも
終盤でバットマン系のヴィランが
多くリリースされましたが、
このフリーズはその中でもトップクラスの
格好良さだと思っています。

旧作のリペイントのみだった
ジョーカーやロビン、ナイトウイングも
このフリーズのように関節を増やしたバージョンで
発売して欲しかった…。

以上Mr.フリーズの紹介でした。

雪の降った地域にお住まいの方は
車の運転に気をつけてください。
ブレーキ踏んでも車が止まらないのは
心臓を鷲掴みされるような恐怖です…。

posted by JOSH | Comment(2) | TrackBack(0) | BATMAN
この記事へのコメント
こんにちは。
寒い季節、仰るとおり犯人はやはりヤツでしょうか。
尤も、私の場合、懐が寒いせいかもしれませんが。
ところでミスター・フリーズの足、逆さまになっているとは今の今まで気がつきませんでした。
考え方によっては、レックス・ルーサーでは流用を誤魔化すためにワザと反対にくっつけたのかもしれませんね。
私のブツは、足首のユルサを緩和するために、瞬間接着剤で補強しているため、既に付け替えができない状態です。
Posted by ばん at 2008年02月10日 20:51
こんにちは。ばんさん。
フリーズの脛は別に逆でも
可動に問題がある訳でもなく
そのままでも良いと言えば良いのですが
気付いてしまった以上、
気になって仕方なかったんです…。

レックスの下半身は
カラーリングのおかげもありますが、
フリーズの脛前後逆だった為に
流用が気付きにくくなってるかもしれませんね。

Posted by JOSH at 2008年02月11日 12:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック