2007年10月17日

横恋慕だろうがそんなの関係ない

さて、MLファンタスティックフォーシリーズ
最後の2体の紹介です。

ml_iw_nm01.gif

ファンタスティックフォーの紅一点、インヴィジブルウーマンと
「THE SUB-MARIBER」ことアトランティスの王子ネイモアです。

ネイモアはもともとキャプテンアメリカや
初代のヒューマントーチとともに第二次世界大戦時に
活躍したヒーローです。
終戦と共にヒーローコミックの人気も下火になると
姿を消してしまいすが、
その後、ヒーローコミックの人気が再燃すると
ネイモアもキャプテンアメリカ同様
マーヴルユニバースに再登場します。

記憶を失って地上を彷徨っていたネイモアを
発見したのが2代目ヒューマントーチだったり、
スーザンに惚れて、リードとスーを取り合ったりと
ファンタスティックフォーとの因縁も深いキャラです。


まず最初はリードの妻であり、
ジョニーの姉、そしてチームの全体の
母親役でもあるスー・ストームから。
インヴィジブルウーマンが
MLシリーズでシングルパッケージで発売されるのは
今回が始めてです。

ml_iw_nm02.jpg

MARVEL LEGENDS FANTASTIC FOUR
RONAN THE ACCUSER SERIES
INVISIBLE WOMAN
(HASBRO/2007)


INVISIBLE WOMAN/インヴィジブルウーマン

Sue Storm(スー・ストーム)は
初めて自分自身の姿が透明になっている事に気付いたとき、
元の姿に戻れるかどうか不安だった。
しかし、彼女が自らの新しい能力に適応するには
それほど時間はかからなかった。
スーザンがまだThe Invisible Girl(インヴィジブルガール)を
名乗っていた頃、その能力を使い、こっそり忍びより、
敵から重要なアイテムを盗み出す、「スパイ」的な活動だけで
満足していた。
だが、月日は流れ、それと共にチームを守る「プロテクター」として、
「母」として、そして「インヴィジブルウーマン」として
大きくその能力を増した。
かつて彼女の能力が「姿を消す」事のみだった時、
Mr.ファンタスティックやシングの影へと消えていくことしか
出来なかったが、現在の彼女は
自らの意思の強さでのみ制限することが出来るほどの力を持つ、
世界で最も強力なパワーを持つヒーローのひとりである。



ml_iw_nm03.jpg ml_iw_nm04.jpg

今回立体化されたスーのコスチュームは
1994年の5月に発売された「FANTASTIC FOUR#388」で
初登場したもので、オンスロートの対決直前まで
使用されていました。


ml_iw_nm05.jpg ml_iw_nm06.jpg

今回は中々美人に仕上がっています。
もしかしたらハズブロのマーヴルフィギュアの中じゃ
一番美人顔かもしれません。


ml_iw_nm07.jpg ml_iw_nm08.jpg

ml_iw_nm09.jpg ml_iw_nm10.jpg

今回のスーはクリアパーツ等は使用されていません。
映画の5インチ版みたいに
温度で色が変わるといった類いのギミックもありません。
(↑このギミックの存在は最近知りました…)

可動は29箇所。
首まわりは髪の毛が邪魔するので
少々動かしにくいです。


ml_iw_nm11.jpg

過去のインヴィジブルウーマンのコスチュームバリエーション。
左が「マーヴルアドベンチャー」版のコスチューム、
昨年紹介したFFシリーズ2のものです。
右が「ヒーローズリボーン」版のコスチューム、
限定のギフトボックスに入っていたものです。





続いてはサブマリナー。
6インチサイズでは久々の登場ですが
昨年はMLショウダウンや
スパイダーマンウェブスプラッシャーズ(日本未発売)で
ラインナップされました。

ml_iw_nm12.jpg

MARVEL LEGENDS FANTASTIC FOUR
RONAN THE ACCUSER SERIES
NAMOR
(HASBRO/2007)


NAMOR/ネイモア
短気で、尊大で、海上の世界の人々にとっては
しばしば完全に敵対する存在でありながら、
Namor(ネイモア)はそれでもなお、
自らの国「アトランティス」の賢い王であり、強き勇者である。
彼は地上の住民の間で長い間生活しており、
彼自身も地上人の血を引いている。
地上で暮らしていたにもかかわらず、
ネイモアは地上を埋め尽くし、海と空を汚染し、
アトランティス人と比べ弱く、短命な人間達を軽蔑している。

かつて、ネイモアは地上のスーパーヒーロー達と
(そして何人かの「友人」呼べる同士と)共に
地球を守る為に駆けつけた事もあったが、
彼にとって最も優先すべき事はアトランティスの利益である。
彼は、地上に対して戦いを挑む事と平穏を保つ事を繰り返しており、
地上世界において彼の存在は未だ不確定要素のままである。


ml_iw_nm13.jpg ml_iw_nm14.jpg

6インチノアクションフィギュアでは
初登場となるクラシックなコスチュームな
ネイモアです。
多くの人が「サブマリナー」と聞くと
このコスチュームを思い出すのではないでしょうか?


ml_iw_nm15.jpg ml_iw_nm16.jpg

ネイモアといえば「三つ又の鉾(トライデント)」ですが
今回のフィギュアは豪華な装飾を施された「槍」が付属します。


ml_iw_nm17.jpg ml_iw_nm18.jpg

ml_iw_nm19.jpg ml_iw_nm20.jpg

ml_iw_nm21.jpg ml_iw_nm22.jpg

可動箇所は28箇所。
可動数的には他のものと劣らないのですが
足の付け根がすこし省略ぎみのものになっており、
ポーズが多少とらせづらくなっています。

あと、肌色がメインだと味気なさすぎだったのか
他のフィギュアとちがってグラデーション塗装が
施されています。


ml_iw_nm23.jpg

画像右はMLのシリーズ2で発売されたネイモアです。
一緒に並べると結構印象が違います。


ml_iw_nm24.jpg

そして最近ようやく入手できた
95年に発売されたアニメ版ファンタスティックフォーの
サブマリナー。
まだ開封していません。

このアニメ版ネイモアをベースに
豪鬼や隆にリデコレーションしてしまうのがアメトイマジック。


ml_iw_nm25.jpg

ギフトボックスのみでの登場だったり、
数が少なめだったりとなかなか手に入れるのが
大変だった印象がある6インチ版のスーでしたが
今回シングルパックでの登場となったので
4人揃えたいという人は是非。

ネイモアはクラシックなコスチュームでの登場と言う事で
キャプテンアメリカなどと並べて
インベーダーズを結成させてもいいかもしれません。
(初代ヒューマントーチはなんとかでっち上げてください。)


ml_iw_nm26.jpg

と言う訳で今回で
MLファンタスティックフォーシリーズの紹介は一段落です。
最後はチーム4人で…。

とはいえ、マーヴルレジェンドシリーズ3の
入荷のお知らせが今朝届いてました。

…マーヴルラッシュはまだ終わらないみたいです…。

posted by JOSH | Comment(0) | TrackBack(0) | FANTASTIC FOUR
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/61166147