2007年10月15日

銀河の危機

今回も引き続き、MLファンタスティックフォーから
宇宙からやってきたこの二人です。

ml_ss_ra01.gif

サーファーもロナンも共にFFの敵として登場したキャラクターです。
二人は地球でキャップとアイアンマンが喧嘩している間、
他の仲間と共にアニヒラスによって引き起こされた
銀河壊滅の危機に立ち向かっていました。

まずは堂々の銀幕デビューを飾ったシルバーサーファー。
マーヴルユニバースの中でも
トップクラスのパワーをもったキャラクターです。

ml_ss_ra02.jpg

MARVEL LEGENDS FANTASTIC FOUR
RONAN THE ACCUSER SERIES
SILVER SURFER
(HASBRO/2007)


SILVER SURFER/シルバーサーファー

初めてSilver Surfer(シルバーサーファー)が
地球の空に現れた時、
それは宇宙そのものと同じくらい古くから存在し、
星々を貪る魔神Galactus(ギャラクタス)の
奴隷としてであった。

彼は地球に混沌と破滅の予告を携え現れたのだった。
だが彼は遥か宇宙の深淵の彼方に存在する
自分自身の星の事を再び気付かされ、
初めて自らの主人に反逆するのであった。
自らに科せられていた使命から解放され、シルバーサーファーは
かつて彼の先導によって破壊された数知れない世界への
償いとして、宇宙を駆け巡り、正しい事を行う人々を
手助けした。

最初にして最も信頼されたキャラクタスの「先触れ」であった彼は、
宇宙を形成するエネルギーのひとつ「コズミックパワー」の
生きた貯蔵庫とも呼ぶべき存在で、そのパワーはほぼ無限である。


ml_ss_ra03.jpg ml_ss_ra04.jpg

6インチサイズのマーヴルレジェンドとしては
2度目のラインナップになるシルバーサーファー。
今回のシルバーサーファーは
「MARVEL LEGENDS ICONS」で発売された
12インチ版のシルバーサーファーと
同じ原型を使ったものになっています。


ml_ss_ra05.jpg ml_ss_ra06.jpg

もちろん宇宙を駆け巡る為の白銀のボードが付属。
5本線、ひれ無し。
表面に足裏に挿すピンが1本あります。

シルバーサーファー本体はペイントですが
ボードのほうはメッキ仕様となっています。


ml_ss_ra07.jpg ml_ss_ra08.jpg

ml_ss_ra09.jpg ml_ss_ra10.jpg

アイコンズの縮小版と言う事もあってか
可動部分は32箇所あります。
膝と肘は2重関節になっています。
クリックも適度に入っていて
ポージングさせるのにストレスは感じません。


ml_ss_ra11.jpg ml_ss_ra12.jpg

ml_ss_ra13.jpg ml_ss_ra14.jpg

首部分と腹部が良い感じで動くので
前傾姿勢のサーフィンポーズが
結構、様になります。

ボードのメッキも最初は
本体のペイントとの差にちぐはぐさを
感じたのですが
実際にサーファーを立たせると
ボードにサーファーが写り込み、
格好良く感じたりも…。


ml_ss_ra15.jpg

マーヴルレジェンドシリーズ5で発売された
シルバーサーファーとの比較。
旧作は初期のコミックスの雰囲気を
うまく再現しています。
今回のものはそれに比べ、スリムで
シャープなものに仕上がっています。

ml_ss_ra16.jpg

今回のサーファーは結構遊びやすい
仕上がりになっています。
ドゥームと並んでこのシリーズのお薦めです。




続いて宇宙の列強種族クリー帝国の「告発者」ロナン。
今回のFFシリーズ8体に付属するボーナスパーツを
組み上げる事で完成する「BUILD-A-FIGURE」です。

ml_ss_ra17.jpg

MARVEL LEGENDS FANTASTIC FOUR
RONAN THE ACCUSER SERIES
RONAN THE ACCUSER
(HASBRO/2007)


RONAN THE ACCUSER/ロナン・ザ・アキューザー

クリー人達の主星、惑星ハーラにおける最初の一族。
RONAN(ロナン)はその血脈に連なる貴族として生を受けた。
クリーの法の番人となるべく着実に実力を付けたロナンは
スクラル人の宇宙船のクリーの領地への侵入を食い止め、
ついには帝国における「最高告発人」の地位にまでのぼりつめる。
彼は時として地球のヒーロー達と激突することがあるが
それは彼がクリーの法を、そして帝国そのものを
守ろうとするが故である。
アニヒラスによってクリー帝国に最大の危機が訪れたとき、
反逆者という汚名を着せられながら
ロナンはクリーの為に戦い、最後には真の裏切り者を見つけ出し、
帝国を危機から救い出したのだった。



ml_ss_ra18.jpg ml_ss_ra19.jpg

組み上がったロナンは同シリーズの他のフィギュアよりも
頭一つ分くらい大きいサイズになります。

ロナンはかつて、5インチ版シルバーサーファーの第3弾、
「SPACE RACERS」においてノヴァやアダム・ウォーロックと共に
アクションフィギュア化されました。


ml_ss_ra20.jpg ml_ss_ra21.jpg

マスクは別パーツになっていて脱着可能です。
クリー帝国では青い肌を持つ者が支配階級となっていて
初代キャプテン・マーヴルのような白い肌のものは
基本的に差別される立場にあります。


ml_ss_ra22.jpg ml_ss_ra23.jpg

マスク以外にもマントやベルトと腰ひれ部分も
脱着可能ですが、全部外すと
何の特徴も無いシンプルな人になってしまいます。
 

ml_ss_ra26.jpg ml_ss_ra30.jpg

ml_ss_ra29.jpg ml_ss_ra31.jpg

ロナンの武器と言えば「コズミック・ロッド」。
物質を分解・変化・転位したり、
エネルギーの吸収・放出が出来る。
また、「時間動作変異空間」をつくり出す事も可能。


ml_ss_ra25.jpg ml_ss_ra28.jpg

ml_ss_ra24.jpg ml_ss_ra27.jpg 

可動箇所は30箇所です。
膝は二重関節になっていますが
肘および肘部分はデザイン的に
可動範囲が狭くなっています。


ml_ss_ra32.jpg

クリー帝国の宿敵「スクラル」から代表して
スーパースクラル「クラァト」と一緒に。
お互いの種族は確かに長くに渡って争っていますが
この二人は「アニヒレーション」において
行動を共にしていたりもしています。


ml_ss_ra33.jpg

来年MARVEL LEGENDSシリーズ4において
「NOVA」が発売される予定なので
これでアニヒレーションでミニシリーズが発売された4人が
6インチサイズで揃う事になります。

ロナンは「アニヒレーション」での活躍後、
現時点においてクリー帝国の指導者となっています。
(只、また新たなトラブルに巻き込まれているようで
いつまでその座にいられるか分かりませんが)
そういった意味でも今回のフィギュア化は
いいタイミングだったかもしれません。


以上シルバーサーファー&ロナンの紹介でした。


posted by JOSH | Comment(0) | TrackBack(0) | FANTASTIC FOUR
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。