2007年10月13日

怪物島の地底王国

ml_mole01.jpg

今回は先日発売になった
MLファンタスティックフォーから
ファンタスティックフォーが最初に戦ったヴィラン、
「モールマン」を紹介します。


ml_mole02.jpg

MARVEL LEGENDS FANTASTIC FOUR
RONAN THE ACCUSER SERIES
MOLE MAN
(HASBRO/2007)


MOLE MAN/モールマン
Harvey Rupert Elder(ハーベイ・ルパート・エルダー)は、
今からほぼ1世紀前の20世紀初頭に生を受けた。
彼の中での最も古い記憶は、嫌悪感を示し、
ハーベイの事を避ける両親の姿だった。
ハーベイは醜い小男であり、その外見の所為で
周りの人々に相手にされず、
彼が素晴らしい頭脳の持ち主である事には誰も気付かなかった。
しかし、彼が地球の地下に存在する世界にたどり着いた時、
ハーベイはその世界の「王」となった。
古代から生き抜き、彼よりも強い力を持つ怪物たちとの戦いで
ハーベイは地下王国の最も強力な支配者として、
そしてファンタスティック・フォーにとって
最初の危険な敵の1人となったのである。
地球の底から悪夢を体現したかのようなクリーチャーを率いて、
彼は地上の全ての都市の壊滅、地球の大陸の再編成、
表の世界の征服あるいは破壊を計画したのだった。
ハーベイはその年齢と体躯にもかかわらず、
並はずれた戦闘能力を持ち、
彼の命令の元で行動する地底人「モーロイド」の軍団と
その特殊能力と組みする事で
見かけ以上の危険な存在となるのである。



ml_mole03.jpg ml_mole04.jpg

モールマンが初登場した1961年発行の
「THE FANTASTIC FOUR」の第一号は
トイビズのMLシリーズ12で発売された
「1st Appearance Thing」に付属します。
FFの結成理由はもちろんの事、
モールマンのオリジンなども描かれています。
また映画1作目であった
「透明になったスーザンが群集をかきわけて進む」シーンや
「ヒューマントーチが熱追尾式のミサイルに追われる」シーンなどの
元になったであろう場面なども描かれています。


ml_mole05.jpg ml_mole06.jpg

モールマンのアクションフィギュアは
1994年に始まった5インチのアニメ版シリーズや
昨年(2006年)、「MARVEL LEGENDS SHOWDOWN」の1体として
発売されいましたが6インチサイズでは今回が初となります。

「MARVEL LEGENDS SHOWDOWN」版のモールマンについては
アナタニィ クマーサンにおいて紹介されています。
見比べて見るとその方向性の差が結構面白いです。


ml_mole07.jpg ml_mole08.jpg

ml_mole09.jpg ml_mole10.jpg

一見関節が見えない造りになっていますが
全身21箇所が稼動します。
デザイン自体もシンプルですが
コスチュームや皮膚なども細かいディテールが
造型されています。


ml_mole11.jpg ml_mole12.jpg

ml_mole13.jpg ml_mole14.jpg

そしてモールマンには欠かせない「杖」が付属。
両手のどちらでも持てるようになっています。
こう見えてもモールマンは棒術の達人で
肉弾戦もこなせます。
こんだけ棒が似合うのは彼とガンビットくらいでしょう。


ml_mole15.jpg

第1話に登場したファーストアピアランス版のシングと並べて。

地底に飲み込まれたリードとジョニーを助けにきた
シングはモールマンに掴み掛かろうとするが、
モールマンの合図によって現れた巨大な生物が
シングの背後に迫っていた…。


ml_mole16.jpg

以上ML版モールマンの紹介でした。

通常のMLのラインでは
発売されるかどうかもわからない地味目なキャラですが
こうして単独シリーズでラインナップされたのは
嬉しい限りです。

こうしたマイナーキャラの発売に繋がるなら
イレギュラーな特定のコミックのみのシリーズも
悪くはないと思います。

…一度に同時発売さえしなければ。

posted by JOSH | Comment(2) | TrackBack(0) | FANTASTIC FOUR
この記事へのコメント
ご紹介、ありがとうございます☆

記念すべき最初のヴィランである
彼を6インチのFFと一緒に
並べられるのは嬉しいですね◎
もはや発売されないだろうと考えて
ショウダウンを購入して飾ってましたが
やはり僕は6インチ好きなので
コレはもう買うしか!

余談ですが、ピクサーの映画
Mr.インクレディブルのラストに
モールマンのパクリキャラが
出てくるのが個人的に好きです(笑)
Posted by クマーサン at 2007年10月15日 08:30
コメントありがとうございます。

今回の6インチ版は
トイビズのフル可動仕様の造形とは一味違う、
丸太のよう手足がとてもモールマンぽいです。
是非とも手にとってみてください。

インクレディブルはヒーロー好きには
たまらない良い映画です。
同じ監督のアイアンジャイアントも
大好きです。

Posted by JOSH at 2007年10月16日 12:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/60468649