2007年06月27日

SPIDER-MAN3:SERIES2-Part2

今回はスパイダーマン3シリーズ2から
残り四体を紹介していきます。

s3_2b01.jpg

※上の画像はそれらしく並べて撮影しただけなので
 実際の商品で組み合わせて遊べる訳ではありません。

s3_2b02.jpg

SPIDER-MAN3
SPIDER-MAN SAND HAND BREAK-OUT!
(HASBRO/2007)


今回のシリーズの中に2種類ある
新造型のフィギュアのうちの一体です。


s3_2b03.jpg

巨大なサンドマンの手が付属していて
スパイディを捕まえた状態に出来ます。
バックカードの日本語の説明では
自立出来ないと書いてありますが
右足の付け根が稼動するので
バランスをとって立たせる事が可能です。


s3_2b04.jpg

足を握ることで肩部分が左右に開き
サンドマンの手をはじき飛ばします。
スパイディ本体の可動は
下半身は右足の付け根のみ、
肘は2重関節、肩部分も回転しますが
ポージングはほとんど楽しめないといってもいいです。
ギミックメインの一体ですね。


s3_2b05.jpg

SPIDER-MAN3
SANDMAN SMASHING SAND PUNCH!
(HASBRO/2007)


続いては今回の映画のメインヴィラン
サンドマンです。
ベーシックシリーズでは
3体目のラインナップですが…。


s3_2b06.jpg

基本的にはシリーズ1の「PUNCH ATTACK SANDMAN」と
交換出来る手首パーツや
腕の振り下ろし&腕の伸縮ギミックなども含め
まったく違いはありません。


s3_2b07.jpg

違いは単純に色だけです。
(画像左が今回発売されたものです。)
体中に砂を再現したペイントがされています。
シリーズ1のものやターゲット限定ボックスを
持っている人は特に買わなくても良いかと思います。


s3_2b08.jpg

SPIDER-MAN3
SPIDER-MAN RETRACTABLE WEB LINE!
(HASBRO/2007)


こちらもシリーズ2初登場の
新造型のスパイディです。


s3_2b09.jpg s3_2b10.jpg

左腕にウェブが装備されていて
引っ張って伸ばすことが可能です。
手を放すと自動的に巻き取られます。


s3_2b11.jpg

ウェブ部分が多少大きな気がしますが
物に引っ掛けたり、敵を捕らたりといった
遊び方が出来ます。
可動に関してはギミックが仕込まれた
左腕以外はしっかりと動かす事が出来ます。


s3_2b12.jpg

SPIDER-MAN3
SPIDER-MAN GLOW IN THE DARK WEB!
(HASBRO/2007)


最後はシリーズ1の
「SPIDER-MAN SUPER-ARTICULATED」の
リペイント版になります。


s3_2b13.jpg

画像左が今回発売されたスパイディ、
画像右がシリーズ1の「〜SUPER-ARTICULATED」です。
可動部分はまったく一緒の26箇所ですが
色の違いははっきりと分かります。
今回のものはパッケージによると
「MIDNIGHT STEALTH COSTUME」という
名前らしいです。


s3_2b14.jpg

付属するウェブは変更されています。
今回のものは吸盤が付いていませんが、
蓄光素材を使用していて暗闇で光ります。
また、針金を内部に仕込んだベンダブルタイプなので
自由に形を変える事が可能です。


s3_2b15.jpg

以上、スパイダーマン3シリーズ2の紹介でした。

今回はいきなりの日本版発売でしたが
アメリカでは8月発売予定のシリーズ3は
はたしてどうなることやら…。

posted by JOSH | Comment(0) | TrackBack(0) | SPIDER-MAN
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。