2007年06月11日

FF:RotSS:フレーム・オン!

さて、今回はFFメンバー4人目
ヒューマントーチの紹介です。

ff2_ht27.jpg

シング同様、ヒューマントーチも
今回ノシリーズで2種類ラインナップされています。

ff2_ht02.jpg

FANTASTIC FOUR:RISE OF THE SILVER SURFER
FIRE BLAST HUMAN TORCH
(HASBRO/2007)


商品名は「ヒューマントーチ」になっていますが
こちらは基本的には変身前のジョニー・ストームの
姿で立体化されています。


ff2_ht03.jpg ff2_ht04.jpg

ヒューマントーチのフィギュア自体は
前作の時も全てのシリーズでラインナップされ
多くの種類が発売されましたが、
炎エフェクトもなにもない
シンプルなユニフォーム姿のジョニー・ストームは
意外にも発売されていませんでした。


ff2_ht05.jpg ff2_ht06.jpg

ff2_ht07.jpg ff2_ht08.jpg

本体自体には何もギミックはなく。
シルバーサーファー同様に
全身22箇所の可動箇所があります。


ff2_ht09.jpg

そして付属する炎のエフェクトパーツを
全身に装着する事で…


ff2_ht10.jpg ff2_ht11.jpg

ff2_ht12.jpg ff2_ht13.jpg

全身に炎をまとったジョニーを再現出来ます。
実際には変身途中といった感じですかね。
両腕に装着した炎型のランチャーからは
もちろんミサイルを発射する事ができます。


ff2_ht14.jpg

で、過去のジョニーフィギュアと比較。
左がアニメ版のジョニー。96年に
シリーズ4の一体として発売されました。
右が前回の映画版で発売されたヒューマントーチの中で
一番今回のものに近いと思ってチョイスした
「ライトアップヒューマントーチ」
付属するベースからフィギュア自体を打ち上げる事が
出来ます。
どうにも飾りにくい一品でした。






ff2_ht15.jpg

FANTASTIC FOUR:RISE OF THE SILVER SURFER
BLAST OFF HUMAN TORCH
(HASBRO/2007)


こちらは完全に変身した
全身炎に包まれた「ヒューマントーチ」です。


ff2_ht16.jpg ff2_ht17.jpg

前作のヒューマントーチ同様
赤いクリアパーツで成形されています。
左腕が長く見えるのは
炎のエフェクトパーツがくっ付いているからです。


ff2_ht18.jpg ff2_ht19.jpg

ff2_ht20.jpg ff2_ht21.jpg

可動に関してはじ「フレイムブラスト〜」同様の
22箇所。
比較的自由にポージングが楽しめるタイプのものです。
体各所に炎のエフェクトパーツが付いていますが
これは取り外す事は出来ません。


ff2_ht22.jpg ff2_ht23.jpg

付属しているのは本体同様にクリアレッドで作られた
ベースです。
チョロQと同じ「プルバック方式」で、
走らせる事ができます。


ff2_ht24.jpg ff2_ht25.jpg

ヒューマントーチをセットする事で
飛行状態を再現する事ができます。


ff2_ht26.jpg

こちらも過去のものと比較。
左はアニメ版シリーズ1のヒューマントーチ。
もともとヒューマントーチはシリーズ1では
発売される予定がなかったのですが
やはり4人揃えたいという要望により
急遽シルバーサーファーの素体をリペイントして
ヒューマントーチに仕立て上げたというもの。
その後シリーズ2できちんと新造型のヒューマントーチが
ラインナップされました。
体の炎の模様は暗闇で光ります。
右は前作映画版シリーズ1のべーシックな
ヒューマントーチ。ライトアップ機能内蔵。
ベースと組み合わせる事で
決め台詞を喋らせることも可能でした。


ff2_ht01.jpg

という事で今回で映画版FFシリーズの紹介は
とりあえず終了ですが、
すでに7月にファンタスティッカーが
8月により映画の内容に則したアクションフィギュアの
第2シリーズの発売が決定しています。

入手出来たらまた紹介していきたいと思います。

posted by JOSH | Comment(1) | TrackBack(0) | FANTASTIC FOUR
この記事へのコメント
おお〜!僕は一番上のジョニーのフィギュアがほしいです!   第2シリーズがあるんですか。紹介待ってます。
Posted by mitsuruman at 2007年06月12日 16:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/44555906