2007年05月13日

ミュータントタートルズ:バトルシェル

今回もタートルズ関連の紹介。
シリーズ随一のビッグアイテム、
タートルズが乗り込む「バトルシェル」です。

mt_bs01.jpg

ミュータントタートルズ MT-12
タートルズ アーマーワゴン バトルシェル
(タカラトミー/2007)


2003年に全米で放映され、日本では今年の春から放送されている
新アニメ版から登場するビークルで、海外では2003年にPLAYMATES社から
「BATTLE SHELL THE TURTLES' ARMOERD ATTACK TRUCK」として
発売されました。

日本版は他のバトラクションシリーズとともに
4月末に発売されました。
フィギュアはもちろん付属していませんが、トイザラスでは
「他のバトラクションシリーズと一緒に購入すると割引」という
ディスカウントもやっていました。

mt_bs02.jpg mt_bs03.jpg

mt_bs04.jpg mt_bs05.jpg

mt_bs06.jpg mt_bs07.jpg

バトルシェル全体図。
アニメでは「パープル・ドラゴン・ギャング」から奪った
トラックをドナテロが改造したもので
ドナテロのバイクも積んでいるのですが
玩具ではバイクを積むスペースはなく、
後部のハッチも開きません。
タイヤのホイールがマンホールのふたになっています。


mt_bs08.jpg mt_bs09.jpg

mt_bs10.jpg mt_bs11.jpg

バトルシェル上部の「シェルハッチ」には
2つの「シェルミサイル」が装備されています。
またそのシェルミサイルの間にあるスイッチを押す事で
車体の両サイドからランチャーベースが飛び出してきます。
「シェルミサイル」「ホーミングランチャー」は
もちろん発射可能です。



mt_bs12.jpg mt_bs13.jpg

車体前部には「シェルウインチ」が装備されています。
フックを引っ掛けると自動で巻取ります。
説明書には「フックを引っかけてもバトルシェルに
自動で走る力はありません。」と明記されていますが
何も乗せてない状態で置いている場所が平らな場所なら
ウインチの力でバトルシェルを引っ張る事も可能です。
(ちなみに説明書には書き下ろし漫画は載っていません。)


mt_bs13.jpg mt_bs15.jpg mt_bs16.jpg

シェルハッチを開けると
「バトラクション」シリーズのタートルズを
搭乗させることが出来ます。
椅子部分にはタートルズの甲羅にあわせた凹みがあり、
そこで合わせてある程度安定して座らせる事が出来ます。
4人乗ってもそれなりに空きスペースがあり、ゆったりです。


mt_bs17.jpg

ビギンズ版のバットモービル以来
久々に大型のビークルを買いました。
この「でかくて、ごつい」フォルムやデザインが
いかにも「アメリカのトイ」という雰囲気を醸し出していて
非常に気に入っています。
まぁビークル系も増えてくると置き場所に困るんですけどね…。

以上バトルシェルの紹介でした。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。