2007年04月29日

SPIDER-MAN3:ヴェノム

今回は日本で発売された
映画版ヴェノムのフィギュア2種類を紹介します。
フィギュア自体はもう一種類発売されてますが
現時点で日本での発売は未定となってます。

s3_venom01.jpg


もともと監督のサム・ライミは「人間性の乏しいから」と
ヴェノムというキャラクターを嫌っており、
映画にも登場予定がなかったらしいのですが
アルヴィン・サージェントの脚本と
トファー・グレースの演技が気に入り、
マーヴルのプロデューサー、アヴィ・アラドの提案を受け入れて
ヴェノムを映画に登場させる事が決定したとの事。

実は名前だけなら1作目から出ていたヴェノムこと
エディー・ブロック。
その場面は1作目のDVDのチャプターで15。
日本語字幕では訳されてないので日本語吹き替えか英語字幕、
または「飛び出すインフォメーション」をオンにして
確認してみて下さい。

今回の映画「3」ではキャラクター名が
ただの「エディ・ブロック」ではなく、
「エディ・ブロックJr.」となっており、
性格が口先だけのトラブルメーカーだったり
グウェンに興味を持ったりと
「アルティメットスパイダーマン」版のヴェノムからの
設定も取り入れているようです。
時間のある方は映画公開前に
新潮社の「アルティメットスパイダーマン」10、11巻を
読みなおしてみるのも良いかもしれません。


s3_venom02.jpg

SPIDER-MAN 3 BASIC FIGURE SERIES
VENOM (SPINNING SYMBIOTE ATTACK)
(HASBRO/2007)



s3_venom03.jpg s3_venom02_2.jpg

原作でのヴェノムのデザインと
従来のスパイダーマンのデザインを合わせた映画版ヴェノムは
「邪悪なスパイディ」というイメージを大きく増したように
思えます。


s3_venom04.jpg s3_venom05.jpg

大きく裂けた口と長い舌という
ヴェノムの特徴は映画版でも再現されているようです。
顎や舌の可動はありません。


s3_venom06.jpg s3_venom07.jpg s3_venom08.jpg

フィギュアの可動に関しては首はボールジョイントで
自由に動きます。
膝は2重関節+回転軸が設けてあります。
肘や手首、足首には残念ながら可動箇所がありません。
腰の可動部にはギミックが仕込んであります。(後述)


s3_venom09.jpg s3_venom10.jpg

巨大なシンバビオートの「爪」が付属しており、
両腕に装着させる事が出来ます。


s3_venom11.jpg s3_venom12.jpg

腰を右方向にひねって放すと、
スプリングによる「スピニングアタック」をくり出す
ギミックが腰に内蔵されています。


続いてはウーズアタック版のヴェノムの紹介です。

s3_venom13.jpg

SPIDER-MAN 3 OOZE ATTACK SERIES
VENOM with GIANT JAW OOZE TRAP
(HASBRO/2007)



s3_venom14.jpg s3_venom15.jpg

デザイン的には同じながらも
スピニングアタック版のヴェノムとは違う印象を与える
シルエットとなっています。


s3_venom16.jpg s3_venom17.jpg

頭部の造型自体はスピニングアタック版(画像右)と同じですが
舌の造型はなぜか別なものになっています。


s3_venom18.jpg s3_venom19.jpg s3_venom20.jpg

可動に関してスピニングアタック版との違いは
まずは肘が2重関節&手首が回転可動すること。
これだけでポージングの表情が変わってきます。
しかし、良かったのは上半身のみ。
両足の付け根は縦軸での接続となっており、
足が前後に動かせず、膝の回転可動や
足首の回転可動も無い為、ポージングの幅を
かなり狭めています。
ウーズアタック版の上半身+スピニングアタック版の下半身
という事が出来ればそこそこポージングで
楽しめるヴェノムになるのに…。


s3_venom21.jpg s3_venom22.jpg

付属しているのは巨大な顎型のトラップ。
顎の中には舌も造型されています。


s3_venom23.jpg s3_venom24.jpg

さらにシリーズ名にもなっている「ウーズ」も付属。
いわゆる「スライム」というやつです。
これをトラップやヴェノムに絡ませて遊ぶという仕様です。
バックカード(画像右)ではこんな感じの写真が
載っています。
(今回後片付けが大変そうなのでウーズは開封しませんでした。)


s3_venom25.jpg s3_venom26.jpg

以上映画版ヴェノムフィギュア2種類の紹介でした。
映画においてこのヴェノムがどのような動きを
見せてくれるのかが非常に楽しみです。

posted by JOSH | Comment(0) | TrackBack(0) | SPIDER-MAN
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック