2007年02月26日

SHAPE SHIFTERS WEAPONS:アイアンマン

本日のアイアンマンは変わり種中の変わり種のこいつです。

ssw_iron01.jpg

MARVEL DELUXE SHAPE SHIFTERS WEAPONS
IRON MAN
(TOYBIZ/1999)


HASBROのBEAST WARSの大ヒットを受けて、
TOYBIZから発売されたのが
マーヴルヒーローが様々な動物などに変身する
「SHAPE SHIFTERS」。
このアイアンマンはその中でも
子供が実際に持って遊べる「武器」へと変身する
「MARVEL SHAPE SHIFTERS WEAPONS」で発売された一体。
ボックス入りのデラックスバージョンで発売されましたが
後にブリスターパックで再発売されています。

フィギュアの紹介を読む

SHAPE SHIFTERS WEAPONS
かつてないほど闘いが激化する中、
マーヴルユニバースのヒーロー達は
敵の能力を上回る最新のテクノロジーを
必要としていた。

そして、彼等は自分達の持つ
全てのスーパーパワーを振り絞り、
「究極の進化レベル」に到達する。
今、ヒーロー達は自らの体を
強力な「武器」へと「変形」させる力を得たのだ。

このヒーローが「変形」した武器を操り、
邪悪なミュータント「アポカリプス」を破り、
正義の軍勢が悪に打ち勝つ為の
力を貸す事が出来るのは君だけだ。

マーヴルユニバースの命運は
君の手の中に握られているのだ。

IRON MAN/アイアンマン
発明と開発技術力の才能に恵まれた
トニー・スタークは悪の勢力に立ち向かう為の
いくつもの兵器を設計・開発してきた。
それらの「兵器」の中でも最も重要なのは
トニーを「アイアンマン」たらしめている
その「アーマー」であった。
そのアーマーは彼の力を大幅に増幅させる
強化外骨格である。
もし、彼が追い詰められた時、アイアンマンは
強力な戦斧へと「変形」し、敵を撃ち破るのだ!



ssw_iron02.jpg ssw_iron03.jpg


基本的には前回紹介した「ネオクラシックアーマー」なのですが
かなりアレンジの入ったデザインになっています。
しかし各部にメッキが使ってあり、
かなり豪華な感じに仕上がっています。


ssw_iron04.jpg ssw_iron05.jpg

可動部分に関しては変形に必要な箇所が動くといったもので
ポージングのためのものではありません。


ssw_iron06.jpg ssw_iron07.jpg

ssw_iron08.jpg ssw_iron09.jpg

首を後ろに押すことで胸からミサイルを発射します。
付属のケースには予備のミサイルをしまっておく事ができ、
ケースの背面にはベルトやズボンに装着できる
クリップがついてます。


ssw_iron10.jpg

そして「変身」です。
ますは腕を横に開き…


ssw_iron11.jpg ssw_iron12.jpg

背中側にがばっと引っ張り、伸ばします。
手首を折り畳んで柄の部分が完成です。


ssw_iron13.jpg

次に足を横に開き、裏側から「刃」を引き出します。


ssw_iron14.jpg

刃を前方まで引き出し、膝の突起にセットし、
足の裏を合わせるように膝を曲げていきます。

ssw_iron15.jpg

足の裏、かかと部分の突起を各部にセットすれば
「BATTLE AXE(戦斧)」への変形が完了です。


ssw_iron16.jpg

斧状態で右脇腹部分にあるスイッチを起こして
押すと…


ssw_iron17.jpg ssw_iron18.jpg

刃の部分が高速回転するというギミックを内蔵しています。


ssw_iron19.jpg

頭部と後部は変形していないので
変身後もミサイル発射ギミックは作動します。

この角度から見るとかなりおかしなポーズをしてるようにも
見えます…。


ssw_iron20.jpg ssw_iron21.jpg

ポージングはほぼ不可能ではありますが
変形するが故に生まれた
その独特などっしりとしたシルエットのアーマーが
かなり気に入っている一品です。
この「シェイプシフターズ」も
「スターウォーズトランスフォーマー」同様
良い意味で「馬鹿な」玩具ですが、
他のヒーローも面白い変形をするので、
手ごろの値段で売っていたら手にとって見るのも
一興かと思います。

以上シェイプシフターズアイアンマンでした。

posted by JOSH | Comment(0) | TrackBack(0) | IRON MAN
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/34763994