2007年02月12日

AVENGERS:ヒーローズリボーン アイアンマン

別次元で活躍するアイアンマン第2弾は1997年に発売された
「EIRTH'S MIGHTIEST HEROES AVENGERS」シリーズから
「HEROES REBORN IRON MAN」です。

この「AVENGERS」シリーズはサイズを6インチにアップして
余計なギミックや可動を排除したコレクター向けとして
登場した「MARVEL'S COLLECTOR EDITIONS」の
1シリーズとして発売され、次シリーズも期待されていましたが
結局1シリーズ4体のみで終了してしまいました。
日本でも「やまと」から各1,600円で発売されました。


iron_rb01.jpg

EIRTH'S MIGHTIEST HEROES AVENGERS
HEROES REBORN IRON MAN
(TOYBIZ/1997)


今回は中古ショップでブリスター入りフィギュアが
「1体200円5体で500円」で販売しているのを見つけ、
入手したので紹介してみたいと思います。
(もともと1体持っていたんですけどね…)


iron_rb02.jpg

マーヴルを代表する「FANTASTIC FOUR」「THE AVENGERS」
「CAPTAIN AMERICA」「IRON MAN」の4タイトルを
かつてマーヴル社でヒットを飛ばした人気のアーティストを招いて
デザインや設定も含め完全リニューアルするという企画
「HEROES REBORN」シリーズに登場したものです。(画像左)
この「HEROES REBORN」は日本でも小学館プロダクションから
全8巻の翻訳版が出版されました。

現在この「リボーン・ユニヴァース」を
生み出すきっかけともなったクロスオーバーエピソード
「ONSLAUGHT」の出版10周年を記念してスタートした
その名も「ONSLAUGHT REBORN」において(画像:中央/右)
再びリボーン版のアイアンマンが活躍しています。
(「ONSLAUGHT REBORN」は
「Toy and Diary」さんで紹介中です。)

このPrometheum Armor (プロメテウス・アーマー)は
心臓にダメージを追ったトニーの生命維持装置の役目を持ち、
トニーの体の状態や脳波等を調べられるセンサーを内蔵している。
また、リパルサー、チェストビーム、
トラクタービームなどの武装もしており、
手の平からは低レベルな
(とはいってもハルクを数マイル吹き飛ばす事が可能な)
フォースフィールドを発生できる。
また、光反射パルスで相手のレーザーブラストを
拡散する事も可能である。
ブーツにはバナー博士の研究の成果である
「ガンマ線をパワーソースとするプラズマの放出」を利用した
ジェットが内蔵されており飛行をする事が出来る。
(故にリボーン版アイアンマンのジェットは緑色をしている。)

フィギュアの紹介を読む

HEROES REBORN IRON MAN/ヒーローズリボーン アイアンマン

大企業「スターク・エンタープライズ」の社長、
Anthony "Tony" Stark(アンソニー・スターク)は
飛行アーマー「プロメテウスアーマー」の実験中の事故により
親友のレベル・オレイリーを失ってしまう。
その後プロメテウスアーマーの開発計画は中止となり、

バッファローにある研究施設も封鎖された。
トニーはそれと共に自らの心をも閉ざしてしまい、
自社の利益のみを追求する冷酷な経営者へと変貌していった。

数年後、封鎖されたバッファローの施設では
トニーの部下であるブルース・バナー博士の手により、
秘かにガンマ爆弾の研究がされていた。
しかし、そのあまりもの威力に恐れを抱いたブルースは
ある組織の強力を得て、爆弾を始末しようとする。
組織の名は「ヒドラ」。
ブルースは彼らが凶悪なテロリストである事を知らなかったのだ。
「ヒドラ」はブルースの意思とは逆にその場で爆弾を爆発させ、
東海岸全体を吹き飛ばそうとする。
騙された事を気付いたブルースは
爆発を食い止めようと抵抗するが、
逆に施設内に捕らえられてしまう。
爆発を止められない事を悟ったブルースは
被害を最小限に食い止めようと
爆弾ともに地中深くへと降りていくのであった。

バッファローの施設からの警報を知ったトニーは
直ちに現地に向かう。
苦い思い出の地にたどり着いたトニーが見たものは
破壊された施設と正体不明の「緑色の巨人」の姿だった。
激昂する巨人の攻撃により
トニー達が乗るヘリコプターは撃墜される。
なんとか一命は取り留めたものの、
トニーの胸にはヘリコプターの破片が深く刺さっていた。
このままでは命が尽きるのも時間の問題だ。
この窮地を脱出するため、トニーは施設に向かい、
かつて友の命を奪った因縁の
「プロメテウスアーマー」を身にまとい、
緑の巨人に戦いを挑むのであった…。





iron_rb03.jpg iron_rb04.jpg

コレクター向けという事で可動部分は
首、両肩、腰、両足のみです。
また作中では付近部分が金色ですが
このフィギュアでは赤色になっています。


iron_rb05.jpg iron_rb06.jpg

iron_rb07.jpg iron_rb08.jpg

頭部マスク、胸部プレート、下腕アーマー、
大腿部アーマー、背面部の排熱・排気用のダクトが
メッキ処理されています。
5インチサイズのアニメシリーズの雰囲気を
引き継いでの事だと思われます。


iron_rb09.jpg iron_rb10.jpg

ちなみに腕のアーマーだけが取り外す事が可能です。


iron_rb11.jpg iron_rb12.jpg

このフィギュアにはパワーコンバーターが付属しています。
胸のプレートにセットして
4本のチューブは手の平と膝に接続する事が出来ます。
派手なギミックが内蔵されている訳ではありませんが
雰囲気を出すには良い付属品だと思います。
この辺りがやはりコレクター向けといったところでしょうか。


iron_rb13.jpg iron_rb14.jpg

トイビズの数あるアクションフィギュアの中でも
唯一のリボーン版からの立体化である今回のアイアンマン。
「ONSLAUGHT REBORN」のような形でコミックに再登場しているので
今後、リボーン版のフィギュアも再び登場する可能性も
あるのかも…。

以上リボーン版アイアンマンの紹介でした。

posted by JOSH | Comment(0) | TrackBack(0) | IRON MAN
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。