2006年10月09日

CULT CLASSICS:ショーン オブ ザ デッド

さて、今回はようやく発売になったNECA社の
カルトクラシックスシリーズ4から
ファン待望の立体化「ショーン オブ ザ デッド」を
紹介したいと思います。

sod01.jpg

CULT CLASSICS SERIES4
SHAUN OF THE DEAD
(NECA/2006)


この映画は「ラブアクチュアリー」や「ノッティングヒルの恋人」、
「ブリジット・ジョーンズの日記」などのラブコメデイ映画で有名な
イギリスのスタジオ「ワーキングタイトル」が製作した
ロマンティックコメディ(ゾンビ有り)です。

日本では公開されなかったのですがDVDが発売されてから
一気に人気に火がついたホラーコメディです。

「アントマン」の監督としても名前が上がっている
「エドガー・ライト」と主人公ショーンを演じる「サイモン・ぺッグ」が
タッグを組んだ、ゾンビ映画好きな人もホラー苦手な人も楽しめる
傑作に仕上がっています。

sod02.jpg sod03.jpg

ショーンが働く電器屋の制服で立体化。
劇中前半の上着無し&名札ありのバージョンです。


sod04.jpg sod05.jpg

顔の造型はなかなか主演のサイモン・ぺッグの雰囲気を
捉えているのではないでしょうか。


sod06.jpg sod07.jpg

胸の名札にはちゃんと役職と名前が印刷されています。
そして胸のポケットには赤い染みが…。
頭部(ボールジョイント)、両肩、両上腕、左手首、腰が
可動します。


sod08.jpg sod09.jpg

付属品はまずは必殺のゾンビキラー「クリケットバット」!
右手に持たせる事が可能。


sod10.jpg

左手には差し替えで「母親に渡すはずだった花束」を
持たせられます。


sod11.jpg sod12.jpg

レコードも一枚付属。
(ジャケットからレコードを取り出す事は不可)
劇中では名前の出ていなかった「EVIL ADAM」のものと
なっています。


sod13.jpg sod14.jpg

そしてレコードボックスが置かれたベースが付属。
周りにはくだけたレコードが散らばっています。
レコードボックスは取り外しは出来ませんが
開ける事ができ、中にはレコードが造型されています。
けど、劇中で名前が挙がったアーティストのものではなく
NECAのフィギュアを用いたおオリジナルのジャケットとなっています。


sod15.jpg

地面に落ちているレコードは劇中の通り
ショーンが生まれて2枚目に買った「エレクトロ」のものと
なっています。


sod16.jpg

全部合わせて飾るとこのような感じになります。
「ショーン オブ ザ デッド」のフィギュアはこの後も
12月に12インチが、その後フラットメイトである
エドとの2体ボックスセットなどが予定されています。

今回のカルトクラシックシリーズでは
このショーンが唯一欲しかったのですが、
豆魚雷さんで運良く単品発売され、無事購入する事が出来ました。
ショーン好きの人にはぜひ手にとってもらいたいです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/25157986