2006年09月04日

X-MEN SEIRES2:エアストライクウルヴァリン

さて、いよいよ今週末より映画「X-MEN ファイナルディシジョン」が
公開されます。
それに合わせて今週は先月日本版が発売された
X-MENシリーズ2を紹介していきたいと思います。

まずは「HOUSE OF M」に登場したコスチュームで立体化された
ウルヴァリンです。

xm2_wlv01.jpg xm2_wlv02.jpg

X-MEN SERIES2
AIR STRIKE WOLVERINE
(TOYBIZ/2006)


昨年から今年にかけて行われたクロスオーバー「HOUSE OF M」に
登場したS.H.I.E.L.D.のコスチュームに身を包んだウルヴァリン。
スカーレットウィッチの暴走によって生まれたパラレルワールドにおいても
ウルヴァリンがアダマンチウムの爪を武器に戦う
世界でもトップクラスの戦士である事には変わりない。

フィギュアの紹介を読む

WOLVERINE/ウルヴァリン
James Howlett(ジェームス・ホウレット)は
19世紀末のカナダで生まれたミュータントである。
彼のもつ「ヒーリング・ファクター」は彼の負った傷を瞬時に癒し、
さらには老いるスピードをも遅らせる。
故に彼は生まれて1世紀以上が過ぎた今でも若さを保っている。

しかし、秘密裏に行われた超人化計画の被験者に選ばれたジェームスは
体内の骨を超合金「アダマンチウム」で覆われる手術を受ける。
その手術は彼の記憶にも影響を与え、
彼は過去の出来事を断片的にしか思い出せなくなる。

そして人類とミュータントの間で
「ミュータント・ヒューマン戦争」が起こった。
その頃、ジェームスはアメリカの諜報機関「S.H.I.E.L.D.」の
エージェントとして活躍していた。
世界でも指折りの軍人ニック・フューリーや
フランク・キャッスルの訓練の下、
コードネーム「WOLVERINE(ウルヴァリン)」として
重要な隠密任務を担当していた。
磁力を操るミュータント「マグニートー」による
ミュータントハンターロボット「センチネル」への攻撃が
きっかけとなり引き起こされた「ミュータント・ヒューマン戦争」において
ウルヴァリンは投入されなかった。
それは戦況が不利になった場合にウルヴァリンを洗脳して
ミュータント軍のリーダー、マグニートーの暗殺する為の
切り札とする為だった。
しかし、その計画は実行されることなく、
ミュータント側の勝利で戦争は終結する。
「S.H.I.E.L.D.」は閉鎖され、ウルヴァリンは
「ミュータントが支配する」新たな世界で生きる事となる。

戦後、セバスチャン・ショウをリーダーとした
新たなる「S.H.I.E.L.D.」が組織される。
ウルヴァリンはテロリストと超人的な力を持つ人間を
取り締まる事を目的としたミュータント特種部隊「レッドガード」の
リーダーとして配属される。
ウルヴァリン率いる「レッドガード」は
どのような危険な任務をも完璧にこなしていった。

そんな中、ウルヴァリンは悪夢にうなされるようになる。
その悪夢によりジェームスは自分自身の人生と
この世界の存在自体に疑問を抱くようになる。

そして遂にジェームスは「目覚め」の朝を迎える事になる…。






xm2_wlv03.jpg xm2_wlv04.jpg

シリーズ1で発売された2体のウルヴァリンは
玩具オリジナルデザインでしたが、
今回のシリーズ2のウルヴァリンはコミック版の
レッドガードの制服をベースにした立体化になっています。


xm2_wlv05.jpg xm2_wlv06.jpg

このウルヴァリンには2丁の銃が付属しています。
それぞれ、手のひらに接続用のピンがついており、
きちんと保持することが出来ます。


xm2_wlv07.jpg xm2_wlv08.jpg

xm2_wlv09.jpg xm2_wlv10.jpg

xm2_wlv11.jpg xm2_wlv12.jpg

xm2_wlv13.jpg xm2_wlv14.jpg

可動に関しては各部にクリックがあるので、きっちり
ポージングが保持できます。
足のガードが少し足首の可動に干渉する部分があるのと
指が銃を持つ事を基準に造型されているので
握り拳がきちんと作れないのが欠点といえば欠点かも…。


xm2_wlv15.jpg xm2_wlv16.jpg

そしてエアストライクという名前の通り、
ジェットパックが付属しています。


xm2_wlv17.jpg xm2_wlv18.jpg

背面下部がスイッチとなっていて
向かって左側のスイッチでジェットパックのミサイルが発射、
右側のスイッチでジェットパックの羽が展開します。


xm2_wlv19.jpg

今回のウルヴァリンが「HOUSE OF M」からの
初アクションフィギュア化となりました。
今後もスパイダーマンやマーヴルレジェンドのボックスセットなど
「HOUSE OF M」からの立体化がしばらく続きます。
出来る事ならレッドガードの他のメンバーも
フィギュア化して欲しいところです。

posted by JOSH | Comment(2) | TrackBack(0) | X-MEN
この記事へのコメント
こんにちは、JOSHさん。
このウルヴィーカッコイイですね。異世界のウルヴァリンってなんかカッコイイ・・・・っつうか、今回なんてHOUSE Of M SHIELDエージェントVer.とは!!House Of〜ってやっぱり本筋と違うみたいですね。James "Rogan/Wolvarine" Howlettっていうより、James Howlett Agent Of SHIELDって感じですね、このコス。
特殊な戦争「>ミュータント・ヒューマン戦争」ってなんか聞いただけだとX-MEN-ファイナル・ディシジョン−のあれっぽいでしょうか?自分はまだHOUSE OF M読んでないので・・・・。(スイマセン(-_-;))でも、これカッコイイですね!!
一応夏季テスト終わったら欲しいです!!
夏に負けないよう頑張りましょう!では。
Posted by 真田タケト at 2007年06月30日 17:38
真田さんこんばんは。
コメントありがとうございます。
昨年発売されたX-MENシリーズは
玩具オリジナルデザインが多かった中で
このウルヴァリンみたく
コミック版ベースみたいのが
ちらほらとあったんですよね。
ぜひとも手にとって見てください。

テストも頑張って下さい!
Posted by JOSH at 2007年07月04日 00:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。