2006年08月01日

STAR WARS TRANS FORMER:
EMPEROR PALPATINE IMPERIAL SHUTTLE

トランスフォーマーものが続きます。
とはいっても、今回はスターウォーズの方の新作、
皇帝パルパティーンです。
第2デススターの視察に訪れた際に皇帝が乗っていた
インペリアルシャトルが変型します。

swtf_ep01.jpg


EMPEROR PALPATINE/皇帝パルパティーン
皇帝パルパティーンの内なる憎しみは増大し続けている。
憎しみはパルパティーン自身の恐怖を打ち消し、
盲目的でごう慢なジェダイの騎士たちよりも
強力な存在へと変えていく。
ダースベイダーを機械の身体へと再生し、
その心をダークサイドへとねじ曲げたのち、
パルパティーンはダークサイドのフォースの力を用い、
シャトルへと姿を変えた。
彼は新たなる弟子にシスの暗黒卿としての修行を完成させる為の
外宇宙のはての秘密の場所にダースベイダーを連れていき、
彼を銀河史上かつて無い恐怖の騎士へと仕立て上げたのである。



swtf_ep02.jpg swtf_ep03.jpg

まずはシャトルモードから。
インペリアルシャトルことラムダ級シャトルです。
帝国艦隊で貨物や人員の輸送に使われていたシャトルで
皇帝が使用されていたものは特別な改造が施されたものです。


swtf_ep04.jpg

着地形態もばっちしです。
ブラスターの可動も着床脚もちゃんとあります。

swtf_ep05.jpg

垂直上翼の根元からはこのシリーズお馴染みのギミック、
ライトセーバーの発射ができます。


swtf_ep06.jpg

コックピットに搭乗可能なミニフィギュアも
もちろん付属。皇帝自ら操縦してます。


swtf_ep07.jpg

それではロボットモードへトランスフォーム!
左右の羽根と上翼を取り外して行います。

swtf_ep08.jpg swtf_ep09.jpg

swtf_ep10.jpg swtf_ep11.jpg swtf_ep12.jpg

swtf_ep13.jpg

左右の羽を腰に、上翼を盾として腕に装備させて完成です。


swtf_ep14.jpg

もちろん手にはライトセーバーをもたせる事が可能です。


swtf_ep15.jpg

ロボットぽくないとか恐いとか色々言われているロボットフェイス。
胸の部分にはそのまま皇帝を乗せることが可能。


swtf_ep16.jpg swtf_ep17.jpg

上翼の付け根の部分は手にブラスターとして持たせることが出来ます。
背中にそのまま装着も出来ますが腰が廻らなくなります。


swtf_ep18.jpg

銀河中を恐怖の渦へと陥れたシスの暗黒卿コンビ。
並べるとベイダーさんは頭でっかちですね。


swtf_ep19.jpg

以上、皇帝パルパティーンの紹介でした。
一部の変型が差し換えなのと
ロボットモードになっても色が白メインなのが
少し残念なところ…。

次のスターウォーズトランスフォーマー(トミー版)は
みんな待望のファルコン号の登場です。


posted by JOSH | Comment(0) | TrackBack(0) | STAR WARS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。