2006年04月01日

DC SUPER HEROES SERIES2:BIZARRO

MATTELのDC SUPER HEROES第2シリーズが
はやくも登場となりました。
今回もラインナップは4種類。
まず最初はビザロの登場です。

dsh_bz01.jpg


BIZARRO/ビザロ
メトロポリスのあらゆる企業を牛耳る男レックス・ルーサーは
スーパーマンの活躍によりはじめて「逮捕」という屈辱を味わった。
ルーサーはスーパーマンに対抗すべく、密かに調べあげた
スーパーマンの分子データを分析し中国人科学者テンに
そのクローンを作らせた。
しかし、ドクターテンはスーパーマンがの正体が異星人である事までは
予想がつかず、作り上げられたクローンは不完全なものだった。
そしてそのクローンはスーパーマンとの対決の末、
粉々に破壊されてしまう…。

その後、レックス・ルーサーは自らのクローンボディが死亡した時
再びドクターテンのクローン技術を復活させる事を
部下の科学者、シドニー・ハッパーソンに命じた。
実験ははじめはうまく行ったかのように見えたが
クローン体の皮膚はしだいに灰色になり
ふたたびスーパーマンの不完全なクローン体、
「Bizarro(ビザロ)」が生まれる事となる。
しかし、以前のクローンとは違い、ビザロは会話能力や感情を持っていた。
ビザロはメトロポリスやスーパーマンの地球での故郷である
スモールヴィルで混乱を引き起こし、スーパーマンと対決することとなる。

スーパーマンの恋人ロイス・レーンも
ビザロにさらわれたりとその騒動に巻き込まれたが
ビザロは単に小さな子どものようなもので、決して悪じゃないと信じ、
彼を正しい道へと導こうとする。

しかしレックス・ルーサーは自らのクローンボディに生じた
病気の治療のためにビザロの体を調査することを決めた。
ビザロを救助にきたスーパーマンとロイスは
そこでビザロが以前のような怪物でなく
「より人間らしい」存在である事に気付くが、時すでに遅く、
ビザロはロイスの腕の中で死んでいったのであった。





dsh_bz02.jpg dsh_bz03.jpg

発売前はスーパーマンの頭部を変えるだけの
お手軽バリエーションかと思っていましたが
実は上半身はまったく別造型で
設定通りスーパーマンよりも筋肉質に造型されています。
下半身は一緒ですけどね。

dsh_bz04.jpg dsh_bz05.jpg

最近のビザロはうすら笑いを浮かべているのですが
このビザロの表情はそれ以前のモンスターチックな
表情になっています。


dsh_bz06.jpg dsh_bz07.jpg

dsh_bz08.jpg dsh_bz09.jpg

dsh_bz10.jpg dsh_bz11.jpg

シリーズ1のバットマン達はリデコレーションあるいはパッケージ変えした
再販みたいなものでしたが今回のシリーズ2はすべて新造型となっており
股関節部分の可動がかなり増えており足を開いたポージングも
可能となりました。


dsh_bz12.jpg dsh_bz13.jpg

付属品はまずは折れた車のシャフトと車輪です。
これを見てHASBRO社が発売していたSUPERMAN ANIMATED SERIESの
ビザロを思い出した人もいるのではないでしょうか?

dsh_bz13.jpg

そしてコミックの方は2002年に発行されたSUPERMAN#181です。
今回フィギュア化されたビザロではなくその後に登場した
ビザロ#1が登場するエピソードです。(ビザロ#1については後述)
朝起きたらスーパーマンとビザロ#1の精神が入れ代わっており、
原因がわからないスーパーマンは元に戻る手段を探す為に
地球に向かうが…というストーリーです。


dsh_bz15.jpg

日本ではそれほど人気のあるキャラクターではないと思いますが
やはりスーパーマンを語る上で欠かせないスーパーヴィランのひとり、
スーパーマンと一緒に並べておきたいものです。

以上ビザロの紹介でした。


あと、今回はビザロにヴァリアント版が存在します。
10ケースに3個の割合でスーツのカラーがパープルになり
首からかけるプレートが付属した「ビザロ#1」が含まれています。
(画像は海外のアクションフィギュアレビューサイト「OAFE」で
見ることが出来ます。)

ビザロ#1のキャラクター紹介だけしておきます。

BIZARRO#1/ビザロ#1
現在コミックに登場しているビザロはビザロ#1とも呼ばれ
2000年に発行されたSUPERMAN#160で初めて姿を見せた。
その世界はエンペラーと呼ばれる者に支配されており
元の世界でヒーローだったものは犯罪者として
アーカム精神病院に捕われていた。
ビザロはそのエンペラーの組織するJLAのメンバーで
犯罪者達を捕らえる役目を負っていた。

この「狂った」世界はエンペラーと呼ばれる人物が
3次元の法則に縛られずどんな事でも実現できるインプ
Mister Mxyzptlkの能力を使って作り上げたものであった。
記憶を取り戻したヒーロー達の活躍により、様々な混乱の後、
世界は元に戻り、「狂った」世界の住人も消えたように見えた…。

しかし、次第にオリジナルの世界にも「狂った」世界の住人が
姿を現し始めた。ビザロもそのひとりであり、
SUPERMAN#164で再び出現したビザロは「狂った」世界にいた時と同様に
ジミー・オルセンを相棒としようとし、それを止めに入った
スーパーガールと激闘を繰り広げることになる。

外見は灰色の肌、黄色い目を持ち、胸に反転したSの字の入った
紫色がベースとなったコスチュームを着ている。

能力はスーパーマンとほぼ同じだがXレイヒアリングやヒートブレス、
フリーズビジョンなどと言った様に効果がスーパーマンとは反転している。
また喋る言葉も動詞、形容詞、名詞が
逆の意味の言葉と置き換えられており、その結果、時として
2重否定、3重否定の文章となり、解読しづらい場合もある。



posted by JOSH | Comment(0) | TrackBack(0) | SUPERMAN
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/16048506