2006年03月05日

ONE PIECE BASIC ACTION FIGURE:GUM GUM LUFFY

なぜこのブログでワンピースなのか?
それは本格的に全米でワンピースのアニメの放送が始まり
DCヒーローやバービーを扱うMATTEL社から
アクションフィギュアシリーズが発売されたからなのです。

luffy01.jpg

これが向こうのアニメ版サイトです。
ワンピーステトリスで遊べたり、ラップバリバリの主題歌が聞けたりします。

luffy02.jpg luffy03.jpg

これはベーシックフィギュアのパッケージです。
ベーシックフィギュア以外にもサイズが少し大きくなった
デラックスフィギュアもあります。


luffy04.jpg

裏面のラインナップ部分のアップ。
今回発売されたベーシックフィギュア6種です。
私の買った店のアソートにはゾロ2種類がなかったそうです。
店長曰く、県内でも入荷してるのうちぐらいなもんだ、だそうです。
(店長、他のお店の判断の方が正しいと思います!)

バットマンなどの時もそうでしたがマテルはパッケージを
英語圏以外でも使い回すのみたいで商品名が裏面に記載されておらず
少しつまらないです。


luffy05.jpg

さっそく開封です。
可動は首、腰、両足の4箇所+αです。
可動よりも子供向けのギミック優先型のフィギュアシリーズですので。


luffy06.jpg luffy07.jpg

表情。そこそこ似てると思います。
髪のボサボサ感が少し足りていない感じです。


luffy08.jpg luffy09.jpg

可動箇所が多くないためポージングのバリエーションは
ほとんどありません。
しかも表情の所為でファイティングポーズぽい感じにしても
あんまり似合いません。
麦わら帽子と上着は着脱可能です。


luffy10.jpg

このフィギュアでフューチャーされてるギミックはこれです。
お約束といってしまえばそれまでの「腕がゴム製で伸びる」ギミックです。
腕はこれ以外の可動は一切ありません。


luffy11.jpg

近くにあった日本製のルフィのフィギュア(食玩)との比較です。
貴方はどちらの方がお好みでしょう?


luffy12.jpg

以上、マテル社製アクションフィギュアのルフィでした。
ギミック的にはもう一種類の方のルフィの方が面白そうだったのですが
「どれか一体買うならば」という観点で一番ベーシックなものを
選んでみました。
…他のは造型もギミックも結構強烈な感じでした。

ワンピースのコレクションとして、実際にお店で見て、
値段的、造形的にネタとして手ごろだなと思える人は
買ってみるのも一興かと思います。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。