2009年11月28日

スーパーフレンズ!

今回はDCユニバースから
ジャスティスリーグアンリミテッド(JLU)シリーズの
最新作を紹介します。

s_friends01.jpg

DC UNIVERSE JUSTICE LEAGUE UNLIMITED
FAN COLLECTION 3PACK
BLACK VULCAN/APACHE CHIEF/SAMURAI
(MATTEL/2009)


今回発売された3人、実はアニメのJLUには登場しません。
では、コミックのキャラクターかというと
そういう訳でもありません。

s_friends02.jpg s_friends03.jpg s_friends04.jpg

彼らの正体はハンナ・バーベラ製作で
1973〜74年と1977〜86年にABCで放送された
JLAをベースにDCヒーロー達が活躍するアニメシリーズ
「SUPER FRIENDS」の為に創られた
アニメオリジナルのヒーロー達なのです。


s_friends05.jpg s_friends06.jpg

s_friends07.jpg s_friends08.jpg

正確にはブラック・バルカンとアパッチ・チーフは
1977〜78年放送の
「THE ALL-NEW SUPER FRIENDS HOUR」、
1978〜1979年放送の
「CHALLENGE OF THE SUPER FRIENDS」、
1984〜1985年放送の
「SUPER FRIENDS : THE LEGENDARY SUPER POWERS SHOW」
の3シリーズに登場、
サムライは上記の3シリーズに加え、
1985〜1986年
「THE SUPER POWERS TEAM : GALACTIC GUARDIANS」
に登場しています。


s_friends09.jpg

今回はフィギュア用にJLUスタイルのデザインを描きおこして
立体化されています。


s_friends10.jpg

実はJLUには彼らをモチーフにしたと思われるキャラも
登場しているのですが、今回は彼らを差し置いての
商品化となりました。




s_friends11.jpg s_friends12.jpg

APACHE CHIEF/アパッチ・チーフ
ある若く勇敢な青年が自分の部族の酋長とともに
歩いていると、熊に襲われた。
酋長はこの青年を試す絶好の機会と思い、
彼に魔法の塵の入った袋を差し出す。
その塵には使ったものの能力を増幅させる力があった。
だが、使用者に悪の心があれば、
それすらも増大させてしまうため、
これは一種の賭けでもあった。
青年がその塵を使い、彼らの部族の言葉で「大きな人」を意味する
「INYUK-CHUK(インヤック・カック)」という言葉を
唱えると青年は巨大化し、荒そう事なく熊を追い払った。


s_friends13.jpg s_friends14.jpg

これがスーパーヒーロー「アパッチ・チーフ」の
生まれた瞬間だった。しかし、この一部始終を見ていた女に
魔法の塵は盗み出されてしまう。彼女は後に
同様の巨大化能力を持つヴィランにして、
敵であるリージョンオブドゥームの一員
「ジャイガンタ」として彼の宿敵となる。
(画像はJLU版のジャイガンタ)




s_friends15.jpg s_friends16.jpg

BLACK VULCAN/ブラック・バルカン
ブラック・バルカンは電気を操る能力を持つ黒人ヒーロー。
下半身をエネルギー状に変化させ、空を飛ぶことも可能である。
また、全身をエネルギー体に変える事で、
光速での移動や、時空の壁を破って過去に遡るといった
能力の使い方もできる。


s_friends17.jpg s_friends18.jpg

同様に電気を操る能力をもつ黒人ヒーローとして
「ブラック・ライトニング」がいますが、
制作者の意向でアニメには使う事ができず、
代わりにこのブラック・バルカンが生み出されました。




s_friends19.jpg s_friends20.jpg

SAMURAI/サムライ
歴史の教師であった日本人
「TOSHIO ETO(トシオ・イトーあるいはエトー)」は
ダークシードから世界を守るために
新たなヒーローを生み出そうとしたニューゴッズの放った
ビームをその身に浴び、特殊な能力を身につけた。
最初はその能力を好き勝手に使っていたトシオだが
ニューゴッズに事情の説明を受け、スーパーヒーローと
なる事を決意した


s_friends21.jpg s_friends22.jpg

彼に与えられた主な能力は3つ。
第一の能力は「風を操る力」
「KAZE NO YO NI HAYAKU(風のように速く)」と
唱える事で強力な竜巻を生み出し敵を攻撃したり
下半身に竜巻をまとい、高速移動する事ができる。
第二の能力は「透明化」
「TOME NINGEN(透明人間)」と唱えることで
全身を透明化させる事が可能。
めったに使われる事がなかったが
第三の能力として「IGO MOEN(以後(?)燃えん)」と
唱えることで全身を炎で包む事ができる。

彼だけは「SUPER FRIENDS」の最終シリーズまで登場し、
KENNERが発売していた「SUEPR POWERS COLLECTION」でも
一度アクションフィギュア化されている。



s_friends23.jpg

彼等オリジナルメンバーを加える事により、
スーパーフレンズのメンバー構成は
一層バラエティ豊かになりました。
その一方で色々な方面への「配慮」という役割も
彼等ははたしていたのです。
以上、JLU版スーパーフレンズの紹介でした。


それにしても夏のコミコン限定のスーパーツインズといい、
スーパーパワーズコレクション仕様のキャラを
ヴァリアントの名のもとにラインナップに突っ込んだりと
マテルの担当者の暴走っぷり(褒め言葉)は
止まりませんなぁ〜。
これからも非常に楽しみです。
posted by JOSH | Comment(1) | TrackBack(0) | DC CHARACTERS
この記事へのコメント
もの凄い知識に感動しました。
こちらのブログは、DC関連が多く、うれしいですね。
是非、更新をお願いします。
Posted by マロ at 2012年10月16日 22:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。