2009年10月01日

WEAPON X

xow06_01.jpg

かつて小学館プロダクションから翻訳版も発売された
ローガンがアダマンチウムを移植される
エピソードを描いた「ウェポンX」。
そのストーリーに登場する実験途中のローガンを
モチーフにしたフィギュアを今回は紹介します。



xow06_02.jpg

X-MEN ORIGINS:WOLVERINE SERIES1
WEAPON X
(HASBRO/2009)


xow06_03.jpg xow06_04.jpg

xow06_05.jpg xow06_06.jpg

xow06_07.jpg xow06_08.jpg

可  動:26箇所
付  属:特になし
ギミック:特になし
スタイル:コミック版
爪:アダマンチウム

こちらはアダマンチウムを埋め込まれた後の
実験時のスタイルのローガン。
ヘルメット型レシーバーを被っています。
ヘルメットを脱がす事は出来ますが、
体に装着されたバッテリーなどの装置類は
脱着は出来ません。



xow06_09.jpg

X-MEN ORIGINS:WOLVERINE DELUXE SERIES
WEAPON X WITH STASIS CHAMBER
(HASBRO/2009)


xow06_10.jpg xow06_11.jpg

xow06_12.jpg xow06_13.jpg

可  動:26箇所
付  属:低温生命維持チェンバー
ギミック:チェンバーのガラスを突き破る。
スタイル:コミック版
爪:アダマンチウム

こちらはアダマンチウムを移植される際の
状態のローガン。
首から下の本体は単品版のウェポンXと
同じものだが、頭部は新造形されており、
実験用の装備も付属していません。


xow06_14.jpg xow06_15.jpg

xow06_16.jpg xow06_17.jpg

「STASIS CHAMBER」とは
「低温生命維持チェンバー」の事。
実験体であるローガンを安全に
捕獲しておくための装置と
いったところでしょうか。

チェンバー右下のダイヤルを回す事で
チェンバー内のローガンが動き、
チェンバーのガラスを突き破るという
ギミックが作動します。


posted by JOSH | Comment(0) | TrackBack(0) | X-MEN
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック