2009年02月07日

星屑の十字軍01

このブログで日本のフィギュアを紹介したいんですが
かまいませんね!!

starplatinum01.jpg

日本のメーカーのフィギュアは「アメコミキャラ」に限って
今迄紹介してきたのですが…

この漫画に関しては特別扱いということで…。

starplatinum02.jpg

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険
スタープラチナ
(メディコス・エンターテイメント/2009)


週間少年ジャンプにて連載されていた
「ジョジョの奇妙な冒険」の第3部である
「スターダストクルセイダーズ」に登場するキャラクター達が
主人公空条承太郎のスタンド、「スタープラチナ」を皮切りに
毎月発売されることとなりました。

第三部のキャラクターの本格的なアクションフィギュア化は
コトブキヤが発売して以来約8年ぶりになります。


starplatinum03.jpg starplatinum04.jpg

グリーンを基調としたカラーリングは
原作者荒木飛呂彦の指定したもの。
カプコンから発売された格闘ゲームとも
近いカラーリングになっています。


starplatinum05.jpg starplatinum06.jpg

頭部は通常のものと戦闘中の勇ましい表情のものの
2種類が付属。
頭部をまるごと取り替える方式です。


starplatinum07.jpg starplatinum08.jpg

手首も握り拳以外にも交換用のものが4つ付属。
まずは左右の開き手。
画像の承太郎と投げられてるイギーは
2000年7月にコトブキヤから発売されたものです。


starplatinum09.jpg starplatinum10.jpg

さらには指差し状態のものと
指を伸ばして攻撃する「流星指刺(スターフィンガー)」状態
(共に右手)が付属。


starplatinum11.jpg starplatinum12.jpg

starplatinum13.jpg starplatinum14.jpg

starplatinum15.jpg starplatinum16.jpg

可動に関しては現在の日本のアクションフィギュアの
良いとこ取りという感じで非常によく動きます。
腰の飾りが多少、足の可動に干渉する事と
足首の可動が少し狭いのですが
スタープラチナらしいポーズは充分にとれます。

また、背中に接続するクリアのスタンドが付属しますが
それについてはまた次回以降で紹介。


starplatinum17.jpg starplatinum18.jpg

コトブキヤ版のスタープラチナ(画像右)と比べると
今回のもののほうがひとまわり小さくなっています。
さすがにふたつ並べると8年の歳月を感じられます。


starplatinum19.jpg

今月末にはスタンド使いである「空条承太郎」が発売予定で
ますます遊び方が広がっていくこのシリーズ。
とりあえず続くとこまで付き合っていきたいと思います。


この記事へのコメント
これは見事な「オラオラ」です!
毎度こういう画像をお作りになられるのがお上手ですね〜☆
おそらくジョジョファンの決定版フィギュアになることは間違いないでしょう。
しかもこれ、6インチのアメコミフィギュアと並べられるのが嬉しいですね。なので絡めて遊べます。
イギーとヴァニラアイスも出ないかな〜(たぶん無理)
Posted by 大和屋宗十郎 at 2009年02月08日 21:38
>大和屋宗十郎さん
お誉め頂いて有り難うございます。
やっぱりスタープラチナには「オラオラ」させたいですからね。
難しい事はしてないですが、それっぽくなったかなと思っています。

欲しいキャラは山程いますので、
3部のキャラのみで終わらず、末永く続いて欲しいものです。
Posted by JOSH at 2009年02月10日 00:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。