2009年02月26日

THE INCREDIBLE HULK BASIC FIGURE ARCHIVE1

hulk_acchive01.jpg

日本では昨年8月公開された映画「THE INCREDIBLE HULK」の
DVDがようやく発売されました。
日本では前作の評判に足を引っ張られたのか、公開規模も小さめで
週間ランキングにも入りませんでしたが、
アメリカンコミックを原作とした映画としては
バトル、ドラマ、コミックネタのバランスがとれた
良い映画に仕上がっていました。

フィギュアのほうも当然発売されましたが、
少なくとも日本ではぱっとしなかった感じです。
しかし、DVDが発売されて本編を見直すと
フィギュアが思っている以上に
映画の内容に準じた作りになっている事を
改めて確認することが出来ます。

というわけで、DVD発売を記念して
需要のないアーカイブシリーズ第2弾、
「インクレディブル・ハルク」のアクションフィギュアを
振り返ってみたいと思います。




tih01_hulk01.jpg


THE INCREDIBLE HULK SERIES1
HULK
(HASBRO/2008)


可  動:31箇所
付  属:曲がった鉄骨
ギミック:特になし


tih01_hulk02.jpg tih01_hulk03.jpg tih01_hulk04.jpg

一番基本的なフルポーザブルなハルク。
特にギミックは内蔵していない。
手に鉄骨を持たせることが出来る。
鉄骨は中央部より分割できる。



tih01_pph01.jpg

THE INCREDIBLE HULK SERIES1
POWER PUNCH HULK
(HASBRO/2008)


可  動:19箇所(ギミック可動部除く)
付  属:分断されたパトカー
ギミック:足を握るとパンチを繰り出す


tih01_pph02.jpg tih01_pph03.jpg tih01_pph04.jpg

映画のアボミネーション戦で見せた、
腕にパトカーをはめ、攻撃するシーンを再現。
両足部分を握ると腰が回転し、
パンチをくり出すギミックを内蔵。
その為、右足付け根部分は無可動になっている。
パトカーは片腕分しか付属しない。



tih01_mch01.jpg

THE INCREDIBLE HULK SERIES1
MEGA CLAP HULK
(HASBRO/2008)


可  動:20箇所(ギミック可動部除く)
付  属:特になし
ギミック:背中のボタンを押すことでクラップアクション


tih01_mch02.jpg tih01_mch03.jpg tih01_mch04.jpg

ハルクお得意の平手打ちによる衝撃波を再現したフィギュア。
劇中ではヘリコプターの炎を吹き消すシーンで登場。
カプコンの格闘ゲームでのジャンプ大パンチ。
肩と肘部分が動くのでいろんな角度でギミックを作動できる。



tih01_abo01.jpg

THE INCREDIBLE HULK SERIES1
ABOMINATION
(HASBRO/2008)


可  動:28箇所
付  属:曲がった鉄パイプ
ギミック:特になし


tih01_abo02.jpg tih01_abo03.jpg tih01_abo04.jpg

フル可動タイプのベーシックなアボミネーション。
付属する鉄パイプは手に持たせることが可能で
中央から分割する事も出来る。

この記事へのコメント
ハルク大好きなのでとりあげられて嬉しいです。
公開前に本郷アヒルで鉄骨ハルクと12インチを購入しました。
31箇所も動くとは!パッケージには書いてなかったので初めて知りました!動かして調べたんですか!?

長いこといろんなフィギュアを見てきて思うのですが、これはサイズは小さめですが物凄くいいフィギュアです。
買って損なしの一品だと!思います。
Posted by oto at 2009年02月26日 01:52
>otoさん
可動箇所に関しては自分なりの解釈で数えてるので
他のサイトとかと食い違ったりする部分があるかもしれません。

サイズ関係で色々と言われたりもしてましたが
自分も今回のインクレディブル・ハルクシリーズは
結構気に入ってます。
何げに前作のトイビズ版よりも
可動箇所も増えてますしね。
Posted by JOSH at 2009年02月26日 12:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック