2008年11月12日

PHANTOM of TOXIN FEAR

tdk_mm_fear_toxin01.jpg

MOVIE MASTERSシリーズ紹介も
とりあえず今回のアイテムでラスト!
「セカイモン」を利用して
なんとか手に入れました。

これはシリーズ2のチェイスフィギュアで
「BATMAN:BATMAN BEGINS」のバリアントです。
ショップ等の入荷状況や
オークションでの出品を見ていると
シリーズ1のチェイスである
アンマスク版のバットマンよりも
さらに数が少ないような印象を受けます。

tdk_mm_fear_toxin02.jpg

THE DARK KNIGHT MOVIE MASTERS SERIES2
BATMAN BATMAN BEGINS (CHASE FIGURE)
(MATTEL/2008)


特定の商品名はないみたいですがアメリカのサイトでは
「TOXIN FEAR BATMAN」と呼んでいる所もあるみたいです。
付属品はノーマル版と同じでジップ袋とバッタランです。


tdk_mm_fear_toxin03.jpg tdk_mm_fear_toxin04.jpg

このフィギュアのベースとなっているのは
映画「BATMAN BEGINS」において毒ガスをあびて恐怖の感情が
増幅されたクレイン博士やアーカム精神病院の患者たちの目に
怪物的な存在として映った、幻覚のバットマンです。
犯罪者達にとって如何に「バットマン」が悪魔的な
恐怖の存在であるかをそのまま具現化した姿と
言えるでしょう。

ただ、劇中での登場シーンはわずかで言われなければ
「何これ?」という人も多いのではないでしょうか?


tdk_mm_fear_toxin05.jpg tdk_mm_fear_toxin06.jpg

基本的にはシリーズ2のバットマンをベースに
頭部を新造形したものです。
ノーマルのものとはまったく印象が違う、
怪物的な顔が見事に再現されています。
耳の長さや鋭さが別物なのは開封して初めて気が付きました。


tdk_mm_fear_toxin07.jpg tdk_mm_fear_toxin08.jpg

tdk_mm_fear_toxin09.jpg tdk_mm_fear_toxin10.jpg

首から下のフィギュア本体の部分は
造形、可動ともにノーマル版と違いはありません。
個人的に劇中でマントを翼のように広げ、
炎を吐きながら飛んでるシーンが印象的だったので
マントの造型もそれっぽく新造して欲しかったです。


tdk_mm_fear_toxin11.jpg

ただ、ペイントはツヤのない黒単色の上に
汚し塗装が施されていて、ノーマル版と並べると
大きく印象が異なっています。


tdk_mm_fear_toxin12.jpg

バリエーションとしてはアンマスク版以上に微妙で、
尚かつ、アンマスク版以上に手に入れにくいのだけれど
開封して、いじっていると思った以上に格好良いのが困りもの。
そんな一品です。

この記事へのコメント
初めて書き込ませてもらいます。
セカイモンかぁ…。おいくらて゛したか?
開封されたということは、やっは゜り複数買いて゛すか?
やっは゜ホ゜―ス゛をつけると、さらにカッコイイっすよね 〜コイツ。
自分は3つ持ってるんて゛すが、未だに一つも開ける勇気がでません〜。
Posted by SityfOCUS at 2008年11月19日 10:29
>SityfOCUSさん
送料等全部込みで80ドル迄はしませんでした。
複数買いはしてませんが
限定品とか関係なくパッケージは開けるように
しています。
Posted by JOSH at 2008年11月19日 23:44
「BATMAN BEGINS」

この記事を読んで思い出しました。
「ビギンズ」ではスケアクロウの毒ガスの幻覚が見せる「デーモン・バットマン」が出てきましたね。

ラストの方ではこの「デーモン・バットマン」の目は赤く光っていましたよね。
Posted by yudai at 2008年12月28日 09:46
>yudaiさん
このバリエーションはさすがにわかりづらいですよね。
けど、目を光らせ、炎はきながら空を飛ぶ
デーモンバットマンはけっこう好きなシーンだったりします。
Posted by JOSH at 2008年12月31日 09:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。