2008年11月11日

BRUCE WAYNE from "THE DARK KNIGHT"

tdk_mm_bruce01.jpg

今回は「THE DARK KNIGHT」版バットマンの
バリエーションであるアンマスク版のバットマンを紹介します。

tdk_mm_bruce02.jpg

THE DARK KNIGHT MOVIE MASTERS SERIES1
BATMAN (CHASE FIGURE)
(MATTEL/2008)


バックカードに「CHASE」と表記されている通り、
何体か(あるいは何箱か)に1体の割合で
混入されているレアアソートなフィギュアです。

当然、数は少なく、日本のショップでは余り見かけず、
たまに入荷していたとしても、
割と高めの値段であるにも関わらず
売り切れているところが殆どです。


tdk_mm_bruce03.jpg tdk_mm_bruce04.jpg

フィギュアではよくあるアンマスク版のヴァリアントなのですが、
映画本編ではこの状態では登場していません。
劇中でも似たようなスタイルで登場する場面はありましたが、
その時のバージョンはガントレットやマントも外した、
もう少し軽装なバージョンでした。


tdk_mm_bruce05.jpg

素顔版の頭部は新造形で手に取ると
バットマンを演じるクリスチャン・ベールに結構似ています。
材質的には、ゴムっぽい弾力のやわらかい素材が使われ、
塗装もツヤのあるものでされていて、全体的に荒いです。


tdk_mm_bruce06.jpg tdk_mm_bruce07.jpg

tdk_mm_bruce08.jpg tdk_mm_bruce09.jpg

首から下のフィギュア本体は通常版と造形、可動ともに
変わりはありません。


tdk_mm_bruce10.jpg

通常版との比較。通常版のように、アンマスク版に
ツヤ消し/ツヤ有りのバリエーションがあるかどうかは不明です。
(現時点では見かけた事がないです。)

付属品は通常版と同様のジップ袋と
バットマンのマスクです。




tdk_mm_bruce11.jpg

THE DARK KNIGHT MOVIE MASTERS
BRUCE WAYNE(BATMAN BEGINS)
(CUSTOM/2008)

ここからはおまけ。
試しに作ってみたビギンズ版の
アンマスクバットマンです。



tdk_mm_bruce12.jpg tdk_mm_bruce13.jpg

頭部を取り替えるだけなので
改造というほどの作業もやっていないです。
しかし、改めて素立ち状態で正面から見ると
なんとなくバランスが悪いですね。


tdk_mm_bruce14.jpg tdk_mm_bruce15.jpg

角度をつけたり、ポーズをとらせると
素立ちの時よりも違和感は減ります。


tdk_mm_bruce16.jpg

通常版と比較。
頭部の大きさ的にはそんなに変わらないのですが…。


tdk_mm_bruce17.jpg

劇中には登場しないし、バリアントと割り切ってしまえば
どうと言う事もないはずなのに、バックカードに写真付きで
載せられてしまうとなんとなく気になってしまうのは
コレクターの悪癖でしょうか?
このシリーズはお気に入りなので特になんですけどね。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/109309381
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

クリスチャン・ベール
Excerpt: あの人も出演? - 『ターミネーター4』の日本公開日が決定 マイコミジャーナル...
Weblog: りさの出来事
Tracked: 2008-11-19 17:59