2008年11月10日

BATMAN from "BATMAN BEGINS"

tdk_mm_begins01.jpg

今回は「BATMAN BEGINS」や「THE DARK KNIGHT」の冒頭に登場した
初代スーツ版のバットマンを紹介します。


tdk_mm_begins02.jpg

THE DARK KNIGHT MOVIE MASTERS SERIES2
BATMAN BATMAN BEGINS
(MATTEL/2008)


こちらはダークナイト版スーツとは違い
バージョン違い等はなく、
全てツヤのある感じになっています。


tdk_mm_begins03.jpg tdk_mm_begins04.jpg

このバットマンは「BATMAN BEGINS」で登場した
初代スーツを立体化しています。
映画ではこのスーツはコストがかかりすぎる為に
ウェイン・エンタープライズの応用科学室で
試作段階で放置されていたノーメックス社製の
前衛歩兵部隊用のサバイバルスーツをベースに
影の同盟時代に使っていた銅製のガントレットや
電流を通す事で形状を変化させられる
「メモリー・ファブリック」を用いたケープ、
登山用のハイテクハーネスを改良したベルト、
そしてイヤホンを内蔵するマスクなどを組み合わせ、
ウェイン自身の手でバットスーツとして
作り上げたものです。


tdk_mm_begins05.jpg tdk_mm_begins06.jpg

頭部はダークナイト版と同造形のものが
使われています。


tdk_mm_begins07.jpg tdk_mm_begins08.jpg

tdk_mm_begins09.jpg tdk_mm_begins10.jpg

プロポーション的は少しなで肩ぎみですが
ポーズをとらせるとあまり気にならなくなります。
可動箇所は24箇所。
アクションに関しては余計なゴテゴテがない
シンプルなデザインなので、スーツのパーツが
干渉する事もなくスムーズです。
マントがPVC製なのはダークナイト版と同様ですが
造形は別物になっています。


tdk_mm_begins11.jpg tdk_mm_begins12.jpg

フィギュア用のオプションパーツはやはり何もないのですが、
その他のフィギュアから流用は可能。
こちらはムービーリアライゼーション版の
グラップネル・ガンとバッタラン。
グラップネル・ガンは少し大きめですが
持たせる事が可能です。


tdk_mm_begins13.jpg tdk_mm_begins14.jpg

そしてこちらはタカラのミクロアクション版から
小型機雷とGPS携帯。
携帯は腰に付いてるもののほうが
造形も塗装も細かいんですけどね…。


tdk_mm_begins15.jpg tdk_mm_begins16.jpg

証拠品入れの袋とバッタランが付属。
劇中で2種類登場するバッタランのうち
真ん中に折り目がない、小さいサイズの方のバッタランです。


tdk_mm_begins17.jpg

今回のビギンズ版のバットマンですが、
ダークナイト版と比べるとシンプルな作りですが
そのシンプルさが逆にバットマンらしいとも思っています。

この記事へのコメント
がんど改めvalleymanです。

ダークナイト版との比較してバランスが悪く感じるのは何故?
なで肩のせいで実際の身長差以上に小柄に見えるし腹筋も短いかも?
あと闇夜に全艶のブーツはちょっといただけないかとw
残念な点も多いですがやはりビギンズスーツはらしくてカッコイイです。
Posted by valleyman at 2008年11月14日 10:36
ビギンズ版はやっぱりバランスが
おかしいところはありますね。
上半身が少し小さすぎるのですかね?
歴代の映画スーツの中でも
気に入ってるビギンズスーツなだけに
ちょっと勿体ない気がします。
Posted by JOSH at 2008年11月17日 08:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。