2008年11月09日

BATMAN from "THE DARK KNIGHT"

tdk_mm_batman01.jpg

MOVIE MASTERS SERIESの紹介も今回から後半戦。
いよいよバットマンの登場です。
まずはダークナイト版のバットマンです。

tdk_mm_batman02.jpg

THE DARK KNIGHT MOVIE MASTERS SERIES1
BATMAN
(MATTEL/2008)


こちらのバットマンは初期に発売されたつや無しのものと
再販時に発売されたつや有りのものの2種類の
バリエーションがあります。
パッケージ内のポージングが違うので簡単に見分けられます。
今回紹介するのはつや無しのものです。


tdk_mm_batman03.jpg tdk_mm_batman04.jpg

このバットマンは「THE DARK KNIGHT」で登場した
ルシアス・フォックスによってデザインされた
新スーツを立体化しています。
このスーツは三重織のチタンファイバーのメッシュの上に
硬化ケブラーのプレートを取り付ける事で
以前のスーツよりも軽量になっており、動きやすさも増しています。
その一方で防御力は下がっており、プレートで守られていない部分は
銃撃や刃物による刺突に弱くなっている。


tdk_mm_batman05.jpg tdk_mm_batman06.jpg

映画では首が回しやすいようにマスクとスーツが
セパレートになっているのが特徴のひとつでしたが
アクションフィギュアでは昔からこんな感じだったので
デザイン的な新鮮さはあまりないかも。
造形的には非常に良く雰囲気を捉えていると思います。


tdk_mm_batman11.jpg tdk_mm_batman12.jpg

発射機構のついたガントレットのダブルブレードや
ユーティリティベルトもしっかり造り込まれています。
ベルトにはムービーリアライゼーションでは省略されていた
GPS携帯電話もしっかり造形・塗装されています。


tdk_mm_batman07.jpg tdk_mm_batman08.jpg

tdk_mm_batman09.jpg tdk_mm_batman10.jpg

可動箇所は24箇所。
腕を左右に広げる際に肩アーマーが干渉するため、
可動範囲が多少制限されます。
マントはPVC製。
劇中じゃマントを広げたアクションを
何度も披露しているため、閉じた状態で固定だと
少し物足りない感じもします。


tdk_mm_batman13.jpg tdk_mm_batman14.jpg

証拠品入れの袋と証拠品としてバットマンのマスクが付属。
このマスクだと後頭部丸出しですけどね。


tdk_mm_batman15.jpg tdk_mm_batman16.jpg

フィギュアの出来が良いのに
フィギュア用のオプションが何もないのはやはり残念な所。
画像はムービーリアライゼーション版の
バッタランを持たせてみました。
しかし、スタイルや造形のバランスは非常に良く、
ジョーカー同様、素立ちでも様になります。
ジョーカーと並べたり、バットポッドと合わせる為にも、
1体は押さえておいて良いと思います。


この記事へのコメント
こんにちは。昨日の記事のマトリックスの武器の詳細ありがとうございます。探してみます!

ムービーリアリゼーションの方を買ったんでこちらは我慢しようと思ってましたが出来が良い様なのでやっぱ欲しくなりました。もし手に入れたら自分でも比較してみたいです。

それとオプションにはビギンズ版ミクロマンの付属品を持たせてみてはどうでしょうか?
あれの付属品はかなり大きめに作られているのでこちらのフィギュアに持たせても良い感じに見えると思います。
Posted by dark at 2008年11月09日 23:43
darkさん
ダークナイトではあまり使用しているイメージが
なかったもので、ミクロアクションのオプションは
この次のビギンズバージョンのバットマンの方で
一緒に写真を撮ってみました。
ミクロアクションのオプションは
妙に分厚いバッタラン以外はなかなかいい感じに
フィットしますね。
Posted by JOSH at 2008年11月10日 12:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/109245505
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。