2008年10月05日

和風バットマンTDK風味PART2

mr_batpod01.jpg

89年のティム・バートンによる映画化以来、
バットマンの新作映画の制作が決定すると
俳優やヴィランと共に話題に上がるのが
バットマンの乗る専用のマシン、
「バットモービル」のデザインです。

今回の「ダークナイト」は前作「バットマンビギンズ」の
直接的な続編ということもあり、
バットモービル自体は「〜ビギンズ」と同デザインの
「タンブラー」と呼ばれるマシンが再び使われました。
しかし、「ダークナイト」にはバットモービルにも
劣らぬインパクトを持つ、ニューヴィークルが登場したのです。

それが今回紹介する「BAT-POD(バットポッド)」です。


mr_batpod02.jpg mr_batpod03.jpg mr_batpod04.jpg

バットポッドはジョーカーの攻撃により走行不能となった
バットモービルから分離変形した独特な形状のマシンで、
バットモービルの2本の前輪がそのまま
バットポッドの前後輪となっています。


mr_batpod05.jpg mr_batpod06.jpg mr_batpod07.jpg

バットモービルから武装もそのまま引き継いでおり、
上からトレーラーを前回転させたグラップルガン、
障害物をぶっ飛ばす為に使われてた40mmブラスト砲、
威嚇射撃用の50口径マシンガンという三種の武装が
左右二対づつ装備されています。


mr_batpod08.jpg mr_batpod09.jpg mr_batpod10.jpg

mr_batpod11.jpg mr_batpod12.jpg mr_batpod13.jpg

mr_batpod14.jpg mr_batpod15.jpg mr_batpod16.jpg

「MOVIE REALIZATION(以下MR)」版の
バットポッドはバットマンほどではないにしろ、
前輪のマシンガンの基部やマフラーといった
細かい部分のデザインがアレンジされています。

本体には合金パーツが使われており、
ずっしりと重量感があるのですが、
バランス的に安定していないため、
付属しているスタンドパーツを用いて
ディスプレイします。

それぞれのパーツは非常に細かく造られていますが
ギミック的には目立つものはなく、
前後輪が回転するのと
ハンドルが多少左右に可動する程度です。


mr_batpod17.jpg

バットマンを搭乗させるために
まず左右の手首を専用のものに交換します。


mr_batpod18.jpg mr_batpod19.jpg mr_batpod20.jpg

mr_batpod21.jpg mr_batpod22.jpg mr_batpod23.jpg

搭乗したバットマンは
ハンドルを握っている部分以外では固定されていません。
ハンドル周りのパーツは細いプラスチック製なので
バットマンを乗り降りさせるさいには
すこし注意しないと破損する恐れがあります。
一応バットマンを乗せたあとでもスタンドなしで自立できますが
安定しているわけではないので不意の転倒・落下からくる破損を
防ぐためにもスタンドを使ったほうが良いと思います。


mr_batpod24.jpg

ステルスランチバットモービルに付属していた
5インチサイズのバットポッドと比較。
玩具としての方向性の違いが真逆なのが
造形面からも伺えます。


mr_batpod25.jpg mr_batpod26.jpg

最初にこの商品の画像見たときは
バットポッド自体をサブマシン程度にしか
思っていなかったので
なんとなく半端な印象を受けたのですが
実際に映画を見て、考え方ががらりと変わりました。

この値段で、バットポッド付属の
アクションフィギュアとしてなら
かなりお買い得ではないかと思います。

デザインのアレンジがどうしても気になる
という人以外にはおすすめです。

以上、MR版バットマン&バットポッドの紹介でした。
この記事へのコメント
お久しぶりです。バットポットかっこいいですね。日本のメーカーは機械系はつよそうなので、今更ですがグリーンゴブリンやゴーストライダーなどいいかもしれませんね。
マテルの6インチ、バットポットも楽しみです!!
Posted by シンプソン at 2008年10月05日 12:49
>シンプソンさん
確かにこのシリーズでも
色々アメコミもの出て欲しいですね。
ゴーストライダーとかもアレンジが面白そうですが、アイアンマンも見てみたかったり…。

6インチ版のバットポッドは
はやく実物が見てみたいですね。
Posted by JOSH at 2008年10月06日 01:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。