2008年09月10日

MARVEL FIGURE COLLECTION

昨年夏に発売され、愛らしいデフォルメぶりで好評だった
スパイダーマンシリーズに引き続き、
ソニー・クリエイティブプロダクツの
大人向けカプセルフィギュアブランド「TIME CAPSULE」から
今度は映画でも活躍している
マーヴルヒーロー達をラインナップした
「MARVEL FIGURE COLLECTION」が登場しました。

mgc01.gif

TIME CAPSULE 〜ART CAPSULE TOY PROJECT
MARVEL FIGURE COLLECTION
(YUJIN/あすなろ舎/2008)


今回も前作同様、
「PLAY SET PRODUCTS」デザイン、
「あすなろ舎」発売となっています。

カプセルに封入されているミニブックには
「7 TYPES + 2 SECRET(7種+シークレット2種)」と
表記されていますがこれは
「6種+シークレット2種」の間違いです。
(TIME CAPSULEのサイトでも訂正されています。)
「もう一種類がどうしても出ないんだ!」といって
回しすぎないようにしてください。

コメントでリクエストをいただき、
自分もお気に入りのシリーズだったので
ちょっと遠出して閉店間際のビレッジ・バンガードで
人目も憚らず、鬼回しして揃えてきました。

というわけで、今回もコミックでの登場順に
全8種類を紹介していきます。



mfc02_thi01.jpg

THING/シング
(THE FANTASTIC FOUR #1/1961)


ベン・グリムはしんゆうであるリードのじっけんのために
うちゅう船のパイロットとして、リードのこいびとスーと
そのおとうとジョニーといっしょにうちゅうに向かうが
うちゅうでなぞのほうしゃせんをあび、
地きゅうにもどってくる。
なぞのほうしゃせんは4人の体にへんかをあたえ、
ベンのすがたはオレンジ色の
岩のようなひふを持つかいぶつにかわってしまった。
ベンはそのすがたになやみながらも
ほかのなかまとともに「ファンタスティックフォー」をつくり
ヒーローとしてかつやくしはじめるんだ。

シングはチームでいちばんの力もちで、
いわのような体はきょう力でがんじょうだ!
チームのメンバーと力をあわせて
自分のパワーをいかしたたたかいをするんだ。



mfc03_thi02.jpg mfc04_thi03.jpg

日本ではいまいち人気のでないシングだけど
手に取ってみると今回のシングは
思っていたより全然可愛い仕上がり。
見た目の特徴である岩のような肌も
しっかり再現されています。



mfc05_hlk01.jpg

HULK/ハルク
(THE INCREDIBLE HULK#1/1962/5)


ブルース・バーナーはかせは
ガンマせんのじっけんのさいちゅうに
まちがってたいりょうのガンマせんを
あびてしまった。
いのちはたすかったものの、それいらい
ブルースはかんじょうが高まると
みどり色のきょ人「ハルク」に
へんしんしてしまうようになってしまったんだ。

ハルクは地きゅう上でももっともつよいパワーの
もちぬしの一人で、手のひらをうちならせば
しょうげき波がおこり、地めんをなぐれば
地われがおこり、ジャンプすれば
なんマイルも先までとんでいけるほどの
力をもっているんだ。



mfc06_hlk02.jpg mfc07_hlk03.jpg

筋肉のかたまりのようなハルクの体も
このシリーズになるとすっきりしてしまいました。
不気味さと可愛らしさと怒りを
すべてを併せ持つ絶妙なデザインになっています。



mfc08_spd01.jpg

SPIDER-MAN/スパイダーマン
(AMAGING FANTAGY#15/1962/8)


ピーター・パーカーは
ほうしゃのうをあびたクモにかまれ、クモの力を手に入れた。
けど、その力を正しいことにつかおうとしなかったせいで
だいじなベンおじさんをしなせてしまうんだ。
そのことをくやんだピーターは
自分のふしぎな力をせいぎのためにつかおうと
「スパイダーマン」になったんだ。

スパイダーマンは
クモのようにどんな所にもはりつくことができ、
うでからこうげきや、いどうにつかうことができる
「ウェブ」をはっしゃするぞ。
また、きけんなことを早めに知らせる
「スパイダーセンス」というのうりょくももっている。



mfc09_spd02.jpg mfc10_spd03.jpg

知名度No1のスパイディはこのシリーズでもラインナップ。
今回はウェブを発射するポーズになっていますが
ボーリングをしているようにも見えます。
相変わらず愛らしい丸っこさです。



mfc11_irm01.jpg

IRON MAN/アイアンマン
(TALES OF SUSPENSE#39/1963)


へいきさんぎょうのしゃちょうだったトニー・スタークは
ある時、悪もののしかけたばくだんにまきこまれ、
悪ものにつれさらわれてしまう。
悪ものたちはトニーの新しいぶきを作るようにめいれいしたが
トニーはこっそりと自分の身をまもる「アーマー」をつくりあげ
悪ものたちの手からにげだしたのだった。
ぶじにもどって来たトニーはその力を正しくつかおうと
「アイアンマン」としてかつやくし始めるようになったんだ。

アイアンマンのアーマーはぼうぎょ力もたかく、
さらにはさい新のコンピュータやリパルサーレイや
ユニビームといったきょう力なぶきもそうびしていて
それらをつかってたたかうんだ。



mfc12_irm02.jpg mfc13_irm03.jpg

映画版のビジュアルでお馴染みの
ポージングで登場したアイアンマン。
アーマーのディティールを可能な限り
そぎ落としながらもなおアイアンマンだと分かる
カワカッコイイデザインに仕上がっています。



mfc14_ssf01.jpg

SILVER SURFER/シルバーサーファー
(THE FANTASTIC FOUR #48/1966)


わくせいゼン・ラの天もんがくしゃだったノリン・ラッドは
自分たちの星が、まじんギャラクタスに食べられそうになった時、
星をみのがしてもらうかわりに、
ノリンがギャラクタスにつかえることとなった。
こうしてギャラクタスのえさとなるわく星をさがす
「シルバーサーファー」となったノリンだったが、
地きゅうにおいてヒーローたちとたたかううちに
かつての心を思い出し、ギャラクタスをうらぎり、
地きゅうのヒーローたちといっしょにたたかうようになったんだ。

ギャラクタスよりあたえられた「コズミックパワー」は
とてもきょう力でハルクやソーとたたかうことができるほどのパワーを持ち、
さらには両うでから「コズミックブラスト」をはっしゃするんだ。
ほかにも、サーフボードを使って、うちゅう空間を
光に近いはやさでとぶことができるぞ。



mfc15_ssf02.jpg mfc16_ssf03.jpg

アイアンマン同様、映画版のビジュアルに登場していた
シルバーサーファーと同じポーズになっています。
シルバーのペイントが美しい出来。
けど、ボードがなければまるでどっかの宇宙人です。
(まぁ、実際宇宙人ですが…)



mfc17_wlv01.jpg

WOLVERINE/ウルヴァリン
(THE INCREDIBLE HULK#180/1974)


ジェームス・ホウレットはカナダ生まれのミュータントだったが
「スーパーソルジャーけいかく」にまきこまれ
体じゅうのほねをアダマンチウムというきんぞくでおおう
しゅじゅつをうけたときにきおくをなくしてしまったんだ。
それからはローガンとなのって
カナダのヒーローチームなどでかつやくしていたが
エグゼビアきょうじゅのスカウトをうけて
ミュータントヒーローチーム「Xメン」に
さんかすることになったんだ。

ウルヴァリンはせかいいちかたいきんぞく
「アダマンチム」でおおわれたツメと
どんなきずもすぐになおってしまう
「ヒーリングファクター」をつかって
あくのミュータントたちとたたかうぞ!



mfc18_wlv02.jpg mfc19_wlv03.jpg

新しいアニメシリーズが始まったり
スピンオフ映画の公開を来年に控えていたりと
マーヴルユニバースの1、2を争う人気者ウルヴァリンは
デフォルメされても憎たらしそうです。
最大の特徴であるツメもきちんと再現されています。



mfc20_stl01.jpg

IRON MAN(STEALTH ARMOR)/アイアンマン(ステルスアーマー)
(IRON MAN#152/1981)


アイアンマンのアーマーにはいくつもの
バリエーションがあり、つねにしんかをつづけてるんだ。
これはその中のひとつで、ぶきは何もそうびしていないけれど
レーダーなどに見つからなくなるための
「ステルスきのう」をもったアーマーなんだ。



mfc21_stl02.jpg mfc22_stl03.jpg

今回のシークレットアイテムその1。
造形自体はアイアンマンと同じですが、
その分塗装が豪華なメタリック仕様になっており、
目&胸部分も手の込んだ塗装となっています。



mfc23_blk01.jpg

BLACK SPIDER-MAN/ブラックスパイダーマン
(SECRET WARS#8/1984)


マーヴルヒーローたちとちょう生めい体ビヨンダーとの
たたかいでスパイダーマンのコスチュームはぼろぼろに
なってしまった。
そんなときに見つけたのがこのくろいコスチュームだ。
へんげんじざいのこのコスチュームを
スパイダーマンは地きゅうにもってかえってくるが
そのあとこのコスチュームは生きていることがはんめいする。
ピーターはファンタスティックフォーの力をかりて
自分の体からこの黒いコスチュームをひきはがすことに
せいこうしたんだけど、コスチュームは
スパイダーマンにうらみをもつ新ぶんきしゃ
エディ・ブロックにとりつき、
新しいてき「ヴェノム」となってしまった…。



mfc24_blk02.jpg mfc25_blk03.jpg

今回のシークレットアイテムその2。
前回ラインナップから外れていた
ブラックスパイダーマンがようやく登場です。
造形はまったく新しいもので
後ろ姿がなんとなく間が抜けていて可愛い仕上がり。



mfc26.jpg

前回より1種類多い全8種類。
基本的に実写版の映画で登場した
(=日本でもある程度知られている)
キャラクターがラインナップになっており、
前回のようなマニアックすぎるキャラが
ステルスアーマーくらいなのが少し残念なところ。
けれど、こうして新シリーズが
発売されたのは嬉しい事です。
売っているところは限られていますが
気になるキャラクターがいる人は
捜して回してみては如何でしょうか?

この記事へのコメント
リクエストに応えてくださいまして、
ほんとにありがとうございます☆

マーヴルヒーロー素人ですが、どの子もより一層魅力が伝わってきました!

私もヴィレバンまで遠出して鬼回しコース決定です!!
Posted by ゆう at 2008年09月11日 09:00
ゆうさん
参考になったのであればなによりです。
頑張って鬼回ししてゲット来てください。
Posted by JOSh at 2008年09月11日 21:52
僕がこの中で一番いいのは「アイアンマン」ですかねぇ。今年、映画もあった事も踏まえて・・。

何よりカワイイのが「シング」ですね。
Posted by yudai at 2008年10月11日 14:30
yudaiさん
アイアンマンはおでこの広さが魅力です。
シングはやっぱりカワイイですよね。
Posted by JOSH at 2008年10月15日 00:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/106355971
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。