2008年08月02日

HISTORY OF MOVIE BATMAN FIGURE 05

hmbf05_00.jpg

今回も引き続き、映画版ブルース・ウェインのフィギュアを紹介。
本日は版権がMATTEL社に移ってからの「BATMAN BEGINS」と
最新作「THE DARK KNIGHT」版のブルースです。

BATMAN BEGINS
NINJA BRUCE TO BATMAN
(MATTEL/2005)


hmbf05_01.jpg hmbf05_02.jpg

ビギンズ仕様のブルースは
チベットでの修行シーンのコスチュームがベースになっています。
この素体はラーズ・アル・グールやデュカードなどの
フィギュアにも流用されています。


hmbf05_03.jpg hmbf05_04.jpg

hmbf05_05.jpg hmbf05_06.jpg

ブルースの顔の造形に技術の向上が感じられます。
肩アーマーの脱着や、腕にブレードを装着すること、
覆面を被せることなどが可能になっています。
そしてゴム製のバットスーツをフィギュアに被せて
バットマンに変身させます。


hmbf05_07.jpg hmbf05_08.jpg

ゴムは薄めになってはいるもののフィギュアに被せると
やはり少し浮いた感じになってしまいます。
ただ、手足が黒1色なので色的には意外とまとまっています。



BATMAN BEGINS
DUEL BLADE BRUCE TO BATMAN
(MATTEL/2005)


hmbf05_09.jpg hmbf05_10.jpg

こちらはシリーズ2で登場したもので
基本的には「NINJA BRUCE TO BATMAN」の
リペイント商品です。


hmbf05_11.jpg hmbf05_12.jpg

hmbf05_13.jpg hmbf05_14.jpg

こちらのフィギュアの最大の特徴は
商品名にも入っている薙刀のような
「デュエルブレード」が付属していること。
刃の部分を取り外し、手に持たせることも可能。
その他にも「NINJA BRUCE TO BATMAN」に付属していたものと
同様のパーツがこちらにも付いてきます。


hmbf05_15.jpg hmbf05_16.jpg

hmbf05_17.jpg hmbf05_18.jpg

ゴム製バットスーツも色以外は同じもので
フィギュアにそのまま被せることでバットマンになります。
こちらは青を基調としたダークな色合いのバットマンとなります。
「〜ビギンズ」版では以上2種類のブルースが
発売されたのですが、日本で発売されたのは
「DUEL BLADE BRUCE〜」のみでした。



BATMAN BEGINS
BATMAN
(MATTEL/2005)


hmbf05_31.jpg hmbf05_32.jpg

hmbf05_33.jpg hmbf05_34.jpg

2005年のサンディエゴコミコンでの限定商品。
バットマンの頭部をブルースのものに変更し、
ボディをメタリックカラーでペイントし、
さらに未完成のバットスーツの内部構造を再現した
プリントが施されたもの。
劇中に登場したわけではないですが
バットスーツが完成するまでに
こういう状態もあったのかもしれません。

hmbf05_35.jpg hmbf05_36.jpg

付属品に関しては
「BATTLE GEAR BATMAN」と同じものですが
アタッシュケースのロゴが別マークになっています。
ケースの中の装備もメタリック塗装のものに
なっています。



THE DARK KNIGHT
BRUCE TO NINJA BATMAN
(MATTEL/2008)


hmbf05_19.jpg hmbf05_20.jpg

ダークナイト版はパッケージ写真のみ見ると
ビギンズ版の付属品を変更しただけに見えます。
実際に首からしたの本体はビギンズ版をそのまま流用しています。


hmbf05_21.jpg hmbf05_22.jpg

しかし、並べてみると一目瞭然ですが
実は頭部が完全新造形になっています。
ビギンズ版に比べ、微妙に頭部のサイズが
小さくなっていますが、これはバットスーツを着せた際の
違和感を少なくする為だと思われます。


hmbf05_23.jpg hmbf05_24.jpg

hmbf05_25.jpg hmbf05_26.jpg

付属品はまず巨大な鉈というか剣が付属。
刀身が前後に割れ、扇状に広がります。
他には手首に装備させるブレード
(ビギンズ版とは別物)も付属。
バットスーツも完全に新しいダークナイト仕様のスーツに
なっています。


hmbf05_27.jpg hmbf05_28.jpg

hmbf05_29.jpg hmbf05_30.jpg

バットスーツは頭からすっぽり被せて
バットマンに変身させるのはビギンズ版同様です。
実際のダークナイト版スーツはマスク部分とマントが
セパレートになっているのですが
この商品ではさすがにマスクとスーツが一体成型になっています。
バットマン時の色相はビギンズ版のほうが
バットマンらしいと思います。



次回からはいよいよヴィラン編に入っていきます。
最初はティムバートン監督作に登場していた3人です。


posted by JOSH | Comment(2) | TrackBack(0) | BATMAN (MOVIE)
この記事へのコメント
このブログの記事を参考にNinja Bruceをe-bay で落札し今日届きました。 そして近くで見て気づいたんですが、赤い塗装がしてありますね! 米玩亭さんの投稿が素晴らしいので自分のブログでUpするのをためらいますが、、、 このタイプのフィギアは189年のKennerのものが一番よかったように思えます
Posted by ziicafe at 2008年10月20日 22:45
はじめましてziicafeさん。
ブログのほうを拝見させて頂きました&
リンクに追加させて頂きました。
トップの画像のフル可動のバットマンがうらやましいです。
更新、楽しみにしてます。

マスクを被せるタイプのバットマンは
確かにマイケル・キートン版は
かっちりした出来で自分もお気に入りの1体です。
Posted by JOSH at 2008年10月21日 12:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。